2016.10.16 大阪南港 かもめ大橋周辺にて清掃活動に参加しました。


 当日は約70名での清掃活動 釣り人のお話をお聞きすると毎年ゴミは少なくなっているとの事です。 しかし波止にはまだまだたくさんのゴミがあり、燃えるゴミ、燃えないゴミの分別をし、1時間ほどできれいになりました。波止場で地元の釣り人とお話しをしましたが、ゴミを持ち帰る釣り人もいれば、平気でゴミを捨てて帰る釣り人もいると嘆いておられました。 "みんなの釣り場です" 自分のゴミは自分で持ち帰ってほしいものです。 本日清掃活動にご参加いただきました釣具関係者の皆様 ありがとうございました。次回もボランティア活動にご協力よろしくお願いいたします。

2015.11.29 姫路 中島埠頭にて清掃活動に参加しました。


今年は昨年よりゴミが少なく驚きました。釣り人の意識も変化してきたようです。
例年ならば3時間以上の作業時間ですが、今年は1時間で終了いたしました。
ゴミが少なくなったのと沢山のボランティアに参加いただいたおかげです。
釣り人の皆様、マルハンさん、各釣具メーカーさん、アングラーズグループ社員 ご参加ありがとうございました。
来年も企画いたします。ご参加よろしくお願いいたします。





2015.10.18 泉佐野 食品コンビナートにて清掃活動に参加しました。


今年も食品コンビナートにボランティア活動に参加しました。 昨年同様釣り人のマナーもよくなり、大きなゴミが少なくなくなりました。その為か今まで目立たなかった小さなたばこの吸い殻が目立ちます。
明日の釣り人の為、自分のゴミは持ち帰ってほしいものです。

今年も清掃ボランティアに参加していただいた皆様”ありがとうございました。”これからもご協力よろしくお願いいたします。



2014.12.07 姫路 中島埠頭にて清掃活動に参加しました。

 

中島埠頭清掃活動も7回目になります。
年々釣り人のマナーが向上したことが伺え、
初年度のゴミと比較しますと1/3以下になりました。
でもまだまだゴミが放置されています。
1人1人が自分のゴミを持ち帰る意識を持てば
みんながゴミのない釣り場で気持ちよく釣りができそうです。

今年もボランティア活動として 釣り人の皆様・株式会社マルハン社員の皆様・釣具業界の皆様にも参加していただきました。ご協力ありがとうございました。






2014.10.19 泉佐野 食品コンビナートにて清掃活動に参加しました。


年々食品コンビナートではごみは少なく釣り場もかなりきれいになってきました。
ごみ袋の設置もあり、釣り人のゴミへの意識もかなり高くなってきているようです。、
しかし、捨石の間など隠れた場所ではまだまだゴミが捨てられており、
またゴミ箱の設置のない釣り場では生エサが放置され、悪臭が放たれているのも現状です。

釣り人は自分が出したごみは持ち帰えってほしいものです。
みんなの意識が向上するともっと気持ちよく釣りができることだと思います。

その為アングラーズグループ社員はゴミを持ち帰ることはもちろんお客様にもお願いしています。
自然はみんなのものです! 楽しく遊んで、きれいに使っていきたいものです。

 



2013.11.24 第6回姫路港、中島埠頭清掃ご協力ありがとうございました。


今年もたくさんの参加者のおかげで美しい釣り場に戻りました。
ボランティアでの参加ありがとうございました。
この美しい釣り場で気持ち良く釣りをしていただければうれしく思います。




2012.11.25 第5回姫路港、中島埠頭清掃ご協力ありがとうございました。


皆様のご協力により姫路港・中島埠頭とも大変きれいな釣場になりました。
個人でのご参加 会社でのご参加 休日でのボランティア活動ありがとうございました。

釣場には弁当や空き缶 釣り具のゴミがかなり目立ちましたが、たくさんのボランティアのみなさん
のおかげで美しい姿に戻りました。
このまま美しい釣場でみなさんが楽しく遊んでいただければ嬉しく思います。

参加者には若い女性や釣り人・釣具業界からも
ご協力いただきました。
また会社から大勢でご参加いただいきました”マルハングループ”さんには
社会貢献への高い意識がうかがえました。

アングラーズグループでは引き続き釣場の清掃活動を続けていきます。
皆様方のご協力宜しくお願いいたします。

参加者の皆様”ボランティア活動”ありがとうございました。




2012.10.21 泉佐野 食品コンビナートにて清掃活動に参加しました。



毎年清掃活動に参加しますが、年々釣場でのマナーが良くなってきており、
当日も思ったよりゴミも少なく、釣り人のマナー向上が伺えます。
でも一部ではゴミを釣場に放置して帰る釣り人もいることも事実です。

どの釣場へ行っても、自分の出したゴミは自分が持ち帰ることにより、
次の釣り人が気持ちのいい釣りができるはずです。

みんなが次の釣り人の為に、少しの思いやりを持つことで、気持ちのいい楽しい釣りができることは
間違いありません。

その為アングラーズグループ社員はゴミを持ち帰ることはもちろんお客様にもお願いしています。
自然はみんなのものです! 楽しく遊んで、きれいに使っていきたいものです。

2012.10.21清掃活動

 



2012.05.12 泉佐野 食品コンビナートにて水中 清掃活動に参加しました。



当日は少し肌寒い中、
水中班ではダイビングクラブさんよりユーザー参加者を含む約17名 
若い女性の参加者も多く、ボランティアへの関心の高さが伺えました。
陸上班では 釣具協同組合より約10名(陸地でのゴミ受け取り係り)にて別れ水中に沈んでいるゴミを撤去しました。

ダイバー参加者の皆様には、透明度の悪い、悪条件の中、たくさんのゴミを回収していただきました。
ゴミは大半が空き缶やペットボトル・弁当箱 と 風でとばされたであろうバケツや根がかりしていた仕掛けなどで、
それにバイク・自転車・廃材・バッテリー・掃除機・タイヤ・ホイールなど
故意に捨てたとしか考えられないものも多数ありました。

自然は我々だけのものではありません。全ての生物が共存する共有スペースです。
我々釣り人は自然と共存する為に
ゴミは常に持ち帰るように心がけなければなりません。
見えない水中だからこそ、気を配らなければなりません
釣場は次に遊びに来られる人の為にも、きれいに使いたいものです。

次回は7月に水中ゴミ撤去作業を予定しています。


水中清掃

 

水中清掃

 

水中清掃

 

水中清掃