•            
  • 会社概要
sp-menu
山陰 エギング

春、秋と楽しめる「イカの王様」で食べても美味しい人気のターゲット、餌木と呼ばれる疑似餌を使用する。釣り方はキャストしたエギ

海底までしっかり着底させ、着底が確認出来たらシャクリをいれてしっかりとエギを動かしアピールさせる。このシャクリが誘いとなり

次のフォールでアオリイカがエギに抱く間をとる事、ここが重要でエギをあまり動かし過ぎないように注意する。このアクションを繰返

す。誘い続けて、アタリが無ければエギのカラーローテーションを細目に行い、当日の反応の良いカラーを探していきましょう。特に春は

大型サイズを狙ってエギングを楽しみましょう。

必要なアイテム

  • エギングロッド

    エギをしっかりとしゃくれる専用ロッドがおすすめ。

    長さは8ft~9ft。

    硬さは使用するエギのサイズに応じてL、ML、M、と使い分ける。

  • リール

    PEラインの0.5~0.8号が150~200m巻ける2500~3000番台。

  • PEライン

    飛距離、感度、エギの操作性を考えるとPEラインがおすすめです。

    使用エギのサイズ、釣り場の状況(根が荒い、藻が多い)で太さを変える。

    風が強い時糸ふけが少ない高比重タイプもある。

  • エギ

    カラーローテーションが重要。下地のテープの色が基本。金、マーブル、赤、夜光が基本だが近年は

    紫外線発光するケイムラカラーが人気です。頻繁にカラーを替えていく事が釣果に繋がります。

  • リーダー

    1.5号~3号をシーズン、ポイントによって使い分ける。高額なものは特に耐摩耗性が高く、藻周り、

    大物狙いにおすすめ。

  • スナップ

    カラーローテーションを手返し良くする必需品。

狙える魚