•            
  • 会社概要
sp-menu
筏

筏釣りはダンゴにサシエを包んで底まで落とし、ダンゴが割れてからの本アタリを見てアワセるという釣り方です。

刺し餌は、オキアミ・サナギ・コーン・ボケ・貝類などを使い、状況に応じて使い分けていきます。

合わせのタイミングを間違えるとチヌ以外の魚が掛かるなど初心の方には、少しコツを覚えるのに時間がいると思います。

底を取る間隔が分かり尚且つ魚種によって穂先の入り方に違いがあるのでその部分を見極めるとチヌを狙う事ができます。

また中切りという釣り方もあり、着底してからラインにマーカーを打ち3ヒロほど回収し更にその部分にマーカーを打つ事で中層の魚も釣ることが可能になります。

注意事項としてチヌは、警戒心が強く大声で叫ぶ行為や筏内で魚の処理をする行為は、警戒心を強めスレの原因となるので注意が必要です。

またロッドの取扱に関してですが、筏竿は穂先が非常に繊細な故に巻き上げ作業の際、ガン玉とハリスの位置を把握せずに巻き上げるとガン玉がガイドに噛み、穂先の破損に繋がるので細心の注意が必要です

必要なアイテム

  • 配合エサ

    配合エサは好みが出ますが、チヌは濁りを好むので濁りの強い配合エサを選ぶと良いでしょう。

    また刺し餌は、アミエビ・コーン・サナギ・ボケ・貝類などが効果的です。

     

  • ガン玉セット

    使用するのは3B~5でその日の流れなどに対して変えていく事がオススメです。

  • 筏専用リール

    ベイトリールに近いですが、自身の指でサミングしながら糸を止めないとバックラッシュに繋がります。

    抵抗なくラインが落ちるので落とし込みや筏には非常に適しているリールです。

     

  • 筏専用ライン

    フロロラインを基本的に使用し1.5号~3号が適合ラインです。

    伸びがあまりなく尚且つスレにも強いので筏以外にも掛かりにも使えます。

    2号以降は不意の大物にも対応できます。

     

  • ヒネリのある針とヒネリのない針があります。

    号数は1号~4号の筏鈎がオススメです。

  • 筏竿

    一般的な竿とは違い、筏竿は穂先が細く繊細なので細いラインを使用するのに適している。1.5号~3号など細い糸に対応出来るラインナップとなっている。長さは1.5m~1.6mが基本の長さとなっています。