つりのトレンド情報

ゲーム性に中毒者続出!?日本海イカメタルゲーム!

今回は津居山から出船されている「ゼウス」さんにお世話になってイカメタルゲームへ行って来ました!

港から数十分走った所で、まだ明るい内からゲームスタート!

暗くなるまでは水深70m付近の底から5mまでを丁寧に探っていきます。

今日のイカはどのアクション・どのカラーがお好きかな!?と各自シャクリ幅やフォールスピードを

調整して狙っていくとティップがかすかに戻るアタリが!!

明るい内からでも十分に釣れちゃうイカメタルゲーム♪でも本番は暗くなってから!

棚は15mラインまで上がってきて軽いスッテでも釣れる様になってからというものの

アタりに大アタり!入れ食いタイムに突入です♪

この浅い棚で釣れている時は軽いスッテが有効ですので必ず常備してくださいね!

気付けば全員で250ハイ程度釣れていましたヨ♪

仕立てで出船すればイカダイやバチコンなど他魚種も狙うちゃうかも!?

是非、今大人気のイカメタルゲーム始めてみませんか??

 

動画で見る

SLASH アーカードシェルフ ASC-672-HFC

穂先全てをフルソリッド化する事で、しっかりアタリを感じイカが乗ればベリー部分が
曲がって追随して行く事で、イカが怒って暴れず、バラシを軽減してくれます。
#2は、バットパワーを持たせ、マグナム級のツツイカ類やキロアップアオリイカにも対応。
ティップラン~イカメタルまたバチコンまでコレ1本で使える「掛け乗せ調子」の1本。

SLASH バウンスッテ  SL-170

その柔らかいリアルな触感にイカが思わず本物のベイトと錯覚するかのような新触感の「鉛スッテ」。鉛スッテが主流の中、金属の触感に違和感をいだき、「ショートバイトが起っているのでは?」と疑問を投げかけ、本物のベイトの触感を追求した鉛スッテを考案。イカがバウンスッテを抱き寄せる時に、今迄とは違った力強さを感じるはず。それは、今迄の「甘抱き」から「本気抱き」になったのではないでしょうか?また、上針と下針の線径を変え「刺さり」にもこだわりました。
新触感と魅惑のカラーラインナップでイカメタルゲームを一層熱くします!

一覧に戻る