つりのトレンド情報

シマノ ライトテンヤ釣行会

近年では掛けていく釣りが主流になっていますが、このライトテンヤの釣りは超喰わせの釣りです。テンヤが軽いのでふわふわと動くのと細いPEラインを使用しますので潮流の影響も受けにくいのでアタリも鮮明。ライトテンヤでは即合わせは厳禁でしっかりとタチウオの重量感を感じてから合わせるのが基本。

アクションはワンピッチジャーク・ハーフピッチ・ショートピッチ・タダ巻きなど誘い方は様々でリアクションではなく、レンジを刻んでいきます。その後のステイ(ショート~ロング)が大事です。アタリが出れば食い込むまで待ち、続かなければ誘い掛けて追い食いを狙います。

誘いのパターンさえ掴めば、前アタリが目でわかりますし、待って、待って合わせるのががめちゃくちゃ楽しい釣りです

サーベルマスターテンヤ

重さ:20g~60g

カラ―:パープル・グロー・レッドヘッド・オールピンク

オモリを簡単に脱着できるシステムがあり、トリプルフックやアシストフックも装着できます

エサズレ防止のエサフックが付いています

エサはサンマを使用し、皮目を上に身側を下に縫い刺し

真っ直ぐに刺すことが大事

テンヤの重さ・カラーを変えていくのでスナップは必需品です

 

今回の使用タックル

タックル:ロッド サーベルマスターベイト、リール グラップラー300HG・バルケッタ300HG ライン0.4~0.8号200m リーダー20~30ポンド サーベルマスタードラゴン40g+オモリ10~20号 エサ サンマを使用。

専用ロッドではなくてもイカメタル・ティップラン・ひとつテンヤ・タイラバMH掛け調子でもOK

イカメタルロッドがオススメ 先調子でバットからベリーがしっかりしているもの

カウンターリールを使用すれば、簡単にアタリのレンジが把握できます

ダブルハンドルよりシングルの方が回収時が楽なのとゴリ巻きができるからです。

一覧に戻る