つりのトレンド情報

ブラックバス初釣行に行って来ました!!

4月16日にバス釣りのメッカである琵琶湖に行って来ました!!

前日まで雨が続いていたこともあり、濁りがありましたが、当日は大潮という事もあり日の出前の暗い時間帯からすでに多くのアングラーが釣りをしていました。空いているスポットを探して、におの浜の総門川河口付近で竿を出しました。

大きな時合があったのは午前8時頃で河口付近で多数のボイルが起こりスコーンで水面直下を引いて、人生初バスをGET!サイズはなんと49cmでした。その後すぐに隣のスタッフにもアタリがあり追加で45cmオーバーを1匹GETでした。

その後、漁港エリアにも移動してシルエットの小さいワームを使っていたスタッフが更に45cmオーバーをキャッチしました。

スポーニングが絡むシビアなシーズンではありますが状況に合わせてルアー選択をしていくと釣果を伸ばすキッカケになりますよ!

使用ルアーはコチラ!

スイミングトゥルーパー 1/4オンス

ヘッドシェイカー 5インチ

日が出るまでは大きな時合も無くアタリも単発ですが、日が出て完全に明るくなってからしばらく経った8時頃に河口付近でベイトを追ってのボイルが起こっていたのですぐにキャストしなおして水面直下をゆっくり引くとバイトしました。

最初のアタリではフッキングせず、そのままのスピードで巻き続けると直後に追い食いがあり、重みを感じてからフッキングするとしっかり掛かります!

スポーニングがらみの魚は大型が狙えるのでこの組み合わせはオススメです。

釣行風景

ヘビキャロ・スコーンなど、各々の釣り方で頑張っています!

ヘビキャロは1オンスのシンカーを使い、リーダーは14ポンドのフロロを使用。

朝マヅメはシャローでスコーンなどのマキモノ系ルアーでのアプローチが好反応です。朝マヅメを過ぎた後はボトム付近狙いに変更する事で、更なるバイトを得ることが出来ます。

ワームはジャッカル「ファイボス3.8インチ」などのフラット系ワームを使用し、ステイの時間を長めにとると、定期的にアタリが出ます。

正午頃まではアタリが続きますが、その後は底付近でもアタリが出なくなりますのでそういう時はルアーのシルエットを小さくして喰わせやすいようにすると釣果も伸びていきますよ。

 

一覧に戻る