つりのトレンド情報

ロマンを求めて琵琶湖釣行

先日、新入社員研修で琵琶湖に行ってきました。

数日前の大雨で大増水していましたが適度に濁りも入り釣れそうな感じでした。

今回のメインポイントは大津港周辺で、ウィードの少ない今年の琵琶湖の状況ですが

ここはオカッパリで攻められる範囲にしっかりとエビモなどが生えていました。

各々巻きキャロやフリーリグなどキャストしていると門真店の池内さんがナイスサイズをゲットしていました。

講師として来られていた石井館長に連れられてバス釣りに自信のあるスタッフでポイント開拓していると

c-4リーチで数釣りを楽しんだり、キャッチは出来ませんでしたが回遊してくる50~60UPに口を使わせたり

普段釣りをしているフィールドではなかなか出来ない経験ができました。

終了間際で57cmのビッグサイズを奈良橿原店の山口さんがゲットされて、改めて琵琶湖のポテンシャルを

実感することができました。

おすすめ その1

エバーグリーン C-4リーチ

ダウンショットリグやスモラバのトレーラーなどライトリグ全般に対応した万能なワームです。

今回の研修で石井館長と一緒に行動していたメンバー全員がこのワームを使ってバスをゲットできました。

その他にも見えていた60オーバーのバスに口を使わせる事も出来、小バスの数釣りだけでなく

スレた大型のバスも騙すことができます。

オススメの使い方はダウンショットリグとジグヘッドリグです。

おすすめ その2

ハイドアップ スタッガーワイドシリーズ

このシリーズには他にもスタッガーワイドツインテールやワイドホッグなどがあり

琵琶湖だけでなく様々なフィールドで釣果が出ています。

今、話題の巻きキャロだけでなくダウンショット・ジグヘッド・ヘビキャロ・ラバージグのトレーラーなど

万能に使う事ができます。

一覧に戻る