つりのトレンド情報

三重県 志摩のエギング

若狭湾での春イカはゴールデンウィーク前後から始まるという事もあり、一足先に三重県志摩方面へ釣行してきました。

数か所の漁港周りをランガンしながらエギングで狙います。

漁港周りでは親イカが産卵をするホンダワラが伸びた雰囲気の良いポイントが有り期待に胸を弾ませます。

しかしながらアタリを取りエギに乗ってきたのは新子や300gサイズで期待とはうらはら。最近よく言われている産卵の個体差の影響があるのかと思います。

そのような状況の中、昼前に入った波止はホンダワラが点在しておりエギのサイズを2.5号にサイズダウンしスローに沈ませました。

そしてボトムでステイさせているとアタリが!

すかさず合わせるとズシリと重量感たっぷりの手ごたえが!

竿のしなりからもサイズは一目瞭然です!

ドラグが「ジージー」と出ていきますがこちらもホンダワラに巻かれまいと必死です!

 

無事浮かす事が出来ましたが最後まで必死の抵抗を見せます。

そしてドラグを駆使しながら慎重にやり取りし姿を見せたのは胴長40cmの親イカ!

デーゲームですので視覚的にも興奮が止みません!

 

これからが春イカのベストシーズン!

皆様も強烈な引きと視覚的にも楽しめる春アオリのデーゲーム楽しんでみませんか?

春イカゲットの早道!

この時期の漁港周りのポイントではホンダワラの生育が良く浅場のポイントでは水面までぎっしりの場所もありますのであらかじめ取り込む場所を考えておく必要があります。

また、志摩方面の堤防はテトラポットや水面まで5m以上ある波止が多くありますので釣行の際には6m以上の玉網もしくはギャフが必需品になって来ます。今回もそうでしたが、エギが海藻に掛かるとアオリイカにプレッシャーを与えてしまいます。プレッシャーを少しでも軽減させるためにスロータイプのエギやエギを2.5号にサイズダウンさせたりと静かに釣る事が釣果への早道です。

今回の親イカは2.5号のエギで第一投目にヒットしました!

SLASH アーカードクロスグリッド

重量感がある親イカ狙いにピッタリなのが                                    SLASH アーカードクロスグリッドシリーズ                                       ブランクにヘリカルXカーボン搭載し、                                       ティップにはカーボンテープをX状に巻く                                      「クロスグリッド製法」を採用。                                          ソフトでありながらトルクがあり、張りがあるのに曲がるロッド!

春の親イカ狙いに理想的な竿と言えるでしょう!

一覧に戻る