つりのトレンド情報

丹後ジギング釣行

寒ブリを求めて、京丹後市久美浜港を出船のジギング船ヴィーナスさんにお世話になりました。

日本海ジギングの代名詞『丹後ジャーク』。リトリーブ開始時に竿を上下に激しく揺さぶりながらジグに動きを与えて魚にアピール、ジグのスピードが上がった後は一気に高速リトリーブを行い10~20m位巻き上げたタイミングで大きく(長く)ジャークを入れる。ジャーク後の糸のたるみが海中に沈んでいくのを良く見て、沈みが止まる直前か止まってから1秒程度『喰わせの間』を考えてアクションを繰り返すというものです。

当日は、小型までを含めて青物の活性が上がらず、魚探に感度がでるものの、釣れないという状況が続きました。同乗の他のアングラーも含めて全員でツバス、ハマチが4本のみという結果でした。残念ながら、寒ブリの顔を見れませんでしたが、ボトムを中心に狙いを変更し、ヒラメ、ガシラといったお土産ゲットで納竿となりました。

ジグ

当日のメインは、水深60~80mで、120~160gのジグを使用しました。

水深100mを超えるポイントでは、200gのジグも必要となる事もあります。

ポイントごとで使用しやすい重さがありますので、幅広く用意しましょう。

タックル

ロッド:スピニングロッド 6ft

リール:スピニングリール
(ダイワ4000~4500、シマノ8000番台)

ライン:PE3号-300m

リーダー:フロロ12号

一覧に戻る