つりのトレンド情報

南紀串本沖磯青物ジギング!

今回のターゲットは青物です。主に春と秋に沿岸を回遊し大阪湾でも釣果のある魚ですが1年中大物の実績のある南紀串本を釣行しました。紀伊大島に渡り白野漁港の「しょらさん渡船」にお世話になりました。直前の情報では「ヒラマサのバラシもあった」と言う事で全員ハイテンションで挑みました。午前五時出船、通夜島の「タライ」という潮通しが良く青物の実績の高い沖磯にエントリー。まずはプラグ(ポッパー・ペンシル・ミノー)をキャストします。するとメジロの回遊がありヒット!プロトラストの「ロケットサーディン」というヘビーウェイトミノーに来ました!足下まで寄せてもうすぐランディングのはずがタモ入れ失敗、痛恨のバラシ。70cm超のメジロが消えていきました。ギャフかズリ上げランディングが正解でした。潮止まりのタイミングで磯替えします。次は「ホウラク」という通夜島より南東にある沖磯です。こちらは水深もあり潮の流れも良いポイントでメタルジグの出番!外洋に向けて40~80gのジグをキャスト!するとジグを回収する直前に足下でヒット!いきなり根に潜り始めます!「ヒラマサか?」と慎重にやり取りしますがPEラインが足下の根に引っ掛かりラインブレイク寸前!ベールを返しラインを放出する事で魚を沖に泳がせ引っ掛かったラインを外してファイト再開します。今度は何とかズリ上げ&ハンドランディングに成功!丸々と太った75cmのメジロでした!その後も40gのスロー系ジグにヒットもフックが折れて痛恨のバラシ。磯の反対側ではミノーにヒットもランディングに失敗。本命の青物は1本のみでしたが魚影が濃くアタリも頻発し熱く充実した釣行となりました。

オススメロッド!プロトラスト オーシャンスラッガー962MH

35~90gまでのジグ・プラグが乗せられる強力なロッドです。魚を掛けてもその引きを吸収するしなやかなティップと急激に走り出しても耐えてくれるパワフルなベリーとバットが最大の特徴です。足場が低ければメジロクラスまでなら楽々ズリ上げランディングが可能です!

爆釣ルアー!プロトラスト シーコンタクト「ロケットサーディン」

今回最もアタリが頻発したのがこのルアーです。90mm、28gと小柄ながらウェイトがあり、かっ飛びます!アクションは逃げ惑うベイトの如き「千鳥アクション」!その暴れる泳ぎが魚のスイッチを入れちゃいます!

一覧に戻る