つりのトレンド情報

和歌山・加太沖でタイラバやってきました!

和歌山・加太沖にタイラバに行ってきました。お世話になったのは 加太の三邦丸さん(050-3532-9619)
当日は絶好の釣り日和!いやがおうにも期待は膨らみます。

加太という事で、タイラバは60g~100gを揃えてきました。根掛かりも考慮して各サイズ、各カラー多めに用意しました。この日は潮が速めでしたので、80gがしっくりきます。

また、ヘッドとボディーも組み合わせることでバリエーションを増やしてアタリカラーを探りました。オレンジ系、ゴールド系をメインに使用し、その中にグリーンなどをまぜてみました。ネクタイもストレート系やカーリー系などを用意し試してみました。

釣り方は底を取ってある程度のタナまで巻き上げるといった動作の繰り返しです。巻き上げスピードはいろいろ試してみました。この日はマダイの反応が渋々でなかなか答えが出ず厳しい状況がつづきました。タイラバもラバーを全部取って見たり、タイラバ用のワームへの反応がよいということも聞いていましたのでいろいろ悪あがきをしてみました。

最終的になんとか釣果は出すことができました(チャリコ級 2匹)。2匹ともタイラバをフォールさせ底についてから巻き始めた瞬間に喰いついてきました。タイラバは装備も軽く、釣り方も単純ですが奥深さも持ち合わせた魅力のある釣りということを改めて実感させられた釣行でした。

プロトラスト)ダンシングゲーム662L

タイラバからライトジギングまでできるマルチロッド。コストパフォーマンスばっちりです。Lクラスはタイラバにぴったりで、ソリッド穂先でアタリも鮮明に取ることができます。

ハヤブサ)フリースライドVS 75g エビオレンジ

当日のヒットタイラバ。ボディーはドラゴンカーリーのものに変更。フックにダイワ)紅牙フレアーリーフ(岩イソメレッド)をつけてみました。アピールをアップさせたのが良かったのかも・・・。

一覧に戻る