•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

和歌山県 湯浅唐尾の筏釣り!!

和歌山県の湯浅唐尾に筏釣りの研修に行って来ました。

当日は風が無く波も無かったため、とても釣りやすく朝方は気温が低く水温はまだまだ高かったです。

 

昼過ぎまでは底でアタリが多くエサ取りの後にくる本命のアタリまでしっかり底を切らずに仕掛けを流すのがポイントでした。

 

昼過ぎからは底でアタリが出なくなり、トレンドである宙切りを試すとすぐにアタリがありました。

底に冷たい水が入ったことでチヌが底までダンゴを追えなくなり宙に浮いてきていたので宙切りが炸裂しました。

 

その後は底と宙の両方でアタリが続きましたが午後3時で迎えの船が来たので終了しました。

底でアタリが出なくなった時にダンゴが落ちていく途中で割り、刺し餌がバラけたダンゴの後を追うように落としていく宙切りというテクニックも試せて充実した釣行でした。

使用したエサ1

マルキューさんのパワーダンゴチヌと濁りオカラをメインに使いました。

他には、アミエビや激荒サナギミンチを混ぜたりしました。

 

パワーダンゴチヌはダンゴのまとまりが良く、しっかり底まで落としてエサ取りが多い時に本命のチヌが寄ってくるまでダンゴが残るので、釣りはじめにオススメです。

濁りオカラは煙幕効果が強いですが、バラけやすいので今回使ったテクニックである宙切りには最適な配合エサでした。

使用したエサ2

刺し餌はオキアミから始めました。

途中でエサ取りが多くなってきたのでコーンやサナギも使いました。

昼から潮が動き出しチヌが動き出してからはサナギが良く当たるようになりオキアミではエサ取りが多くなりました。

トレンドであった宙切りの場合はエサ取りが少なかったのか、オキアミがよくあたりました。

一覧に戻る