つりのトレンド情報

大阪湾 シマノ ライトテンヤタチウオ実釣会

現在、大阪湾の船タチウオ釣りと言えば、タチウオテンヤ(40~50号)を使った釣り方が主流になっており電動リールを使用する等、道具立てが重く小さいアタリ等は分かりにくい事が多々有りました。今回、ご紹介するライトテンヤタチウオはテンヤも軽量(20~60g)の物を使いPEも細く、軽量ロッド、小型リールとイカメタル並みの道具立てとなります。その為、非常に扱いやすく軽い為、小さいアタリも明確に捉える事が出来、今まで掛ける事の出来なかったタチウオをゲットする事が出来、またタチウオの引き味がダイレクトに楽しめる新釣法です。

・ロッドは専用ロッドが好ましいですがタイラバ、イカメタルスッテロッドも使用できます。
・リールは小型ベイトリール(カウンター付が便利)、3000番クラスのスピニングリール。
・PEは0.6~0.8号 リーダー4~6号。 ・エサはサンマなどを使用。

シマノ サーベルマスタードラゴンテンヤ

重さのバリエーションは20~60g

エサはサンマの切り身等を使用します。

皮が上になるように縫い刺しをし、真っ直ぐになるように付けます。

基本、テンヤ単体の使用でOKですが潮の流れが速い時にはオモリの追加や
まとわりつくアタリが多い様なときにはアシストフックを付ける事も出来ます。

スピニングタックル

ライトテンヤタチウオでは使用するテンヤが20~60gと軽い為スピニングタックルを使用する事が出来ます。

レバー付きのスピニングリールを合わせればブレーキを使用した多彩なフォーリングパターン等も出来る為、誘いのバリエーションもプラス出来ます。

 

一覧に戻る