つりのトレンド情報

大阪湾のジギングに行って来ました。

岸和田港から出船してるオーシャンバトルにお世話になって来ました。

当日は淡路島の洲本沖のポイント水深30~40m付近から始めました。

100~150gのジグを底まで落とし底から10m程巻き上るを繰り返します。

ジグの誘い方はワンピッチジャーク・ハイピッチジャーク・スローピッチジャークや

ただ巻き等、色んなパターンで誘います。

最初のポイントでサワラやツバスからの反応があり、ツバスは獲れましたが

サワラは鋭い歯にラインがアタリ切られました。

その後は魚探でベイトの群れについてる青物を探しながら釣りました。

全体釣果でツバス6匹・サワラ3匹・ガシラ3匹・太刀魚1匹で終わりました。

オーシャンバトルの船長さんが親切で優しいので初めての方でもオススメです。

 

 

 

 

 

オーシャングレード

小型両軸リールなので扱いやすいです。

強力ドラグ(MAX7Kg)もありますので青物のパワーにも対応出来ます。

ハンドルノブが大きく、力強く握れるようになってます。

今回の釣行でツバス・サワラにパワー負けする事なく

寄せる事が出来てます。

ジグ交換時に必要なアイテム

コンビリングを使用してジグを交換する時に役に立ちます。

スプリットリング#0~#8(100lb)まで可能

その他に PEライン対応のハサミ

先曲り仕様になっており針外しにも使えます。

ジグやプラグのアイが曲がった時に使えるアイチューナーも備えてあります。

防錆素材仕様で錆びに強く、グリップは手に馴染みやすくなってます。

専用のプライヤーケースも付いて、非常に便利なアイテムになってます。

 

一覧に戻る