つりのトレンド情報

奈良県天川村のアマゴの渓流釣り

近畿各地では3月上旬から渓流釣りが解禁してアマゴが大放流されるため渓流釣りが楽しめます。

今回はスタッフ5人で奈良県天川村にチャレンジしました。ウェーダーに着替え、仕掛けや小物は渓流ベストにまとめてなるべく両手が空くように準備をします(釣り場に降りる際危険な為)。釣り場に降りてから仕掛けのセット方法や餌の選定をして釣り開始。

餌の選び方は解禁直後だとイクラやブドウ虫がメインになりますが、徐々に警戒心が上がり難しくなるため状況に合わせたエサを選ばなければなりません。雨などが降った水量の多い時にはミミズが効き、食いが渋い状況などはその釣り場に生息する川虫を採取して使う場合もあります。

開始直後2投目でヒット!エサはイクラでした。釣った魚は渓流ビクに魚を入れて釣り再開。渓流釣り経験のある押熊店橋口氏と寝屋川店山岸氏にもヒットし着々と釣果を伸ばしていきます。渓流釣り初体験の門真店中本氏もレクチャー後流れの淵を狙い連発があったりと慌ただしい釣りとなりました(笑)

アマゴは非常に警戒心が強く、ただやみくもに仕掛けを流すだけでは釣果が伸びにくいのが特長です。外敵を避ける為、大岩の裏や隙間にいたりするので仕掛けを流すコースや水深なども調節が必要です。水深の調節方法としてオモリであるガン玉のサイズのバリエーションがあると良いです(各サイズのオモリセット商品などがあります)。

仕掛けのサイズですが解禁直後だと完全仕掛けでも楽しめますが、釣っていくうちに警戒心が上がりアタリにくくなるので細めの仕掛けなども持参しておくとさらに釣果を伸ばすことが出来ます。正午に釣り終了。数えると50匹を超す釣果となり解禁後にしては満足な1日でした♪

奈良橿原店・髙天

オススメ渓流竿 プロトラスト 旋風

釣りスポットの川幅や広さに合わせて長さを調節できる2WAYZOOM式渓流竿です。

リリアン回転トップ搭載で糸がらみが少なく、スムーズに釣りができるのが特長です。また高弾性カーボン素材を使用し軽量且つ強い竿に仕上がっており堰堤などの高い場所や取り込みにくい場所などでは抜き上げることも出来ます。感度もよく、オモリが底を這って石に触った感触や魚が追跡してじゃれている感触もわかり易く、また程よく張りがあるため少しの力でしっかり掛けることが出来ます。ご自分の右腕となること間違いなしです!

大人気好評につき5月には後継機種の渓流竿も登場します!気になった方はご期待ください!!

渓流釣りオススメアイテム ダイワ ゼロハリハズシ

釣果を伸ばす為には仕掛けを細くする必要があり針も小さくなるため呑まれてしまう(というよりわざと呑ませて釣る!)こともしばしば。そういったときに手軽に呑まれた針を外し、回収できる優れものです!

私の場合は主に3~4号の針を使った仕掛けを使用するのでSサイズを使用しましたが、より釣果を伸ばすためには2号以下の針も使用するためSSサイズも必須です。喉奥に刺さってしまった針はペンチやフォーセップなどでは取りにくく、無理に外そうとするとハリスが切れてしまうことも少なくないので手軽に外しやすい針外しを選ぶと外すスピードも向上します。

外し方としては先端の溝にハリスを掛け、魚の口の中に挿し込み針に当たったらグッと押す、軽く廻すと簡単に外すことが出来ます。

一覧に戻る