つりのトレンド情報

姫路の「海恵」さんへ釣掘研修行って来ました!

研修で海上釣堀の勉強をしに姫路の海恵さんへ行って来ました!朝一姫路周辺の渡船場所に行き、家島の釣り場まで渡してもらいます。当日は前日の冷えのためか朝一のマダイの時合らしいものが無くスタートから渋い状況で1枚しか釣れずかなり心配な展開でした。しかし放流があり、暖かくなりだしてからは青物の活性が一気に上がり、持ち込んでいたカツオを捌いて内蔵と身を一緒に掛けた物が大当たりで1時間程の間に一気に6ヒット!最初に活性が上がりだしたのはシマアジで見える水深を回遊しだし、仕掛を落とすとカツオ目がけて食いつこうとして寸前で止まる個体がおり、すこし誘いをかけると勢いよく食いつきヒット!次に青物の放流が行われ、棚は6ヒロ位とのことでそのあたりを狙うとさっそくアタリがありあわせるが空振り。エサを付け直しすぐに落とすと再度アタリがあり、今度は少し待ってしっかりあわせを入れるとヒット!強烈な突っ込みをいなして上がってきたのは嬉しいカンパチ。その後、見える水深に活性の上がった青物が回遊しだし、タナを調整してエサがギリギリ見える水深にしてエサを上げてゆっくり落とすと勢いよく食いついてきました。ハマチ、メジロを釣りあげて次の投入でひときわ大きいアタリがあり、あわせるとそれ程あばれないが強い引きで竿が立たない!何度も巻き上げてはじりじりとドラグを出されと繰り返して徐々に上がってきたのは丸々太って10キロはありそうなブリ!海恵さんのHPに放流情報が載っているウルトラブリです。その後さらにメジロ追加!青物は十分釣ったので最後に真鯛狙いに切り替えると昼近くに活性が上がりだしアタリが連発!底スレスレにタナを合わせると毎投アタリがあるほどでした。しかしエサをくわえているだけのようなアタリが多く早くあわせるとすっぽ抜けて、待つと離すのでタイミングが難しくヒットしたのは2枚だけでした。昼過ぎに時間になり納竿としました。久しぶりの海上釣堀でしたが良く青物が釣れて楽しい釣行となりました。

集魚力と喰いが抜群!オススメ海上釣堀エサのカツオ!

今回大活躍エサのカツオ!現地スタッフさんもカツオは良く釣れるとのことです。一本物なので捌く必要はありますが、その手間以上に臭いがきつく強力な集魚力があり効果の高いエサです。重要なのは内蔵でこれを身と一緒に掛けて使いました。捌くのは半解凍位がやりやすいです。まず内蔵を傷つけないよう気をつけながら頭を落とし腹を切って内蔵を取りだします。さらに身は3枚に卸して短冊状に切り分けます。内臓も3cm位に切り分けます。傷みやすいので釣り場ではタッパーなどに入れてクーラーで保管して下さい。

マダイ、シマアジなど中型魚を持つ時に便利!フィッシュミニグリップ

釣った魚を安全に持てるフィッシュグリップ。魚が暴れた時にも手に直接魚が当たることがなく安全です。ペンチなどと合わせて使えばハリハズシの時などにも魚に触れることなくできます。撮影時などにも持ちやすく、軽量かつコンパクトで持ち歩いても邪魔にならずオススメです!

一覧に戻る