つりのトレンド情報

山陰中深海スロージギング!

島根県鹿島マリーナより「グランデ」さんで出航。

水深150m前後のポイント、人工漁礁などを探る。

仕様ジグは160~200gの専用ジグ。潮が速い時は250gも必要になります。

タックルは専用ベイトロッドの#3.4の硬さが操作しやすい。リールはベイトリールの

1500.2000ハイギア。ラインはPE1.5~2号、リーダーは4~5号。

ジグを必要以上に動かさないでじっくり喰わせるのがこの釣りの特徴。

底付近を丹念に探りを入れるも低活性。

当日は潮の動きが今ひとつの様で、魚も口を使わない厳しい状況。

まめなポイント移動をしていただいたおかげでだんだんと

釣果も上向き。爆釣とは行きませんでしたがチカメキントキ、

アコウ、タヌキメバル、ユメカサゴ、アオハタなど船中

日本海ならではの色々な魚種が釣れました。

潮の動きが無い日は巻いてアピールできる「タイラバ、インチク」もおすすめです。

良型アコウが連発しました。い

いろんな魚種に出会えるのが日本海の中深海の釣りをしてみませんか。

 

 

ルアー、アシストフック

ジグは160~250gを用意し、カラーはグロー系は欠かせません。

アシストフックはジグにセットした時にフロント、リアが干渉しない様にする事。

掛かりが浅い時はフックサイズを#3/0、4/0にするとよい。

また、ジグの反応が無い時は「タイラバ」、「インチク」がおすすめ。

トレーラーにワーム、タコベイトを付けると効果的です。

 

 

 

プロトラスト) ローリングキーパーグリップ

根魚も意外に、鋭い歯、エラ、ヒレにも鋭いトゲがあり危険。

そんな時に重宝するのがこのグリップ。

ヘッドがローリングするので魚が暴れてもいなしてくれます。

一覧に戻る