つりのトレンド情報

岡山県 下津井沖でヒラメのませ釣り

近年、瀬戸内でも専門で狙うことができるようになってきたヒラメ。いろいろな釣り方がありますが、活きエサを使用したのませ釣りで狙いました。今回はイワシを使用しましたが、銀白などでもOKです。小さいエサを使用するので、ロッドは7:3調子~5:5調子のムーチング系ロッドなど活きエサにストレスを与えない柔らかいロッドがおすすめです。

仕掛には、孫針がシングルの物とトリプルの物がありますが、瀬戸内で釣れるヒラメのサイズですとトリプルの方が掛かりが良くおすすめです。『ヒラメ40秒』という言葉が昔からありますが、実際は本アタリがあってから引き込むまでは意外と早く、前アタリの活きエサが暴れ出すのからカウントすれば、確かに『ヒラメ40秒』なのかもしれません。前アタリがあってから本アタリまでの待ち時間がこの釣りの醍醐味であり、ドキドキ感を楽しめます。

PEも1号前後と細く、小型のベイトリールでOKですので、初めての挑戦でも初期投資はそれほどかからないのも魅力の釣りです。釣り方も、オモリで底を感じながら底を叩き続けるだけですので、初めての方でもチャレンジしやすい釣りのジャンルだと思います。

『瀬戸内でヒラメが狙って釣れる』ヒラメのませ釣り。みなさまもぜひ挑戦されてみてはいかがでしょうか?

【PRO TRUST】 トルクリフター 200MH

竿全体がフルカーボンソリッドになっている万能船竿です。フルカーボンソリッドにすることにより、抜群の喰い込みの良さと曲がってからの驚異の粘りとパワーで魚を浮かせます。活きエサが暴れ出すとソリッド全体で感じることができ、座布団ヒラメが掛かっても安心してやり取り可能なロッドです。

ヒラメのませなどのライトのませ以外にも、シロイカ、鯛サビキ、タイラバ、胴突釣り、天秤釣りなど1本でかなりの人気ターゲットを狙うことができます。

【PRO TRUST】 ブレイクゲームTR 69MH

MAX150g(40号)までのタイラバロッド。スパイラルガイドになっているので、よりロッドの曲りがスムーズになり高感度、ライントラブルを軽減します。

また、ソリッドティップになっているので、小さな活きエサの泳いでいる感覚まで感じることができます。ヒラメ釣りには適度なバットの硬さも兼ね備えており操作性も十分です。

一覧に戻る