つりのトレンド情報

岡山県牛窓沖磯のチヌふかせ釣り

岡山県牛窓の沖磯は各メーカーの競技会も盛んに開催される磯チヌ釣りのメッカ。

例年3月中旬頃から乗っ込みチヌが釣れ出します。シーズン初期は底付近に棚を合わせてのシビアな釣りになりますが、シーズンが進むと浅い棚に浮いて来るのが瀬戸内チヌの特徴。2ヒロ程度の浅い棚でウキをひったくる様なアタリを出す事もあり、エキサイティングな釣りが楽しめます。

ここ牛窓は型狙いというよりは、どちらかと言うと数釣りの出来るポイントです。また潮が速く、場合によっては川の様に流れる瀬戸内の中にあって牛窓は比較的緩やかに流れるポイントで、両方の意味で磯チヌデビューには持って来いの釣り場です。

磯竿0~1号 リール2000番前後 道糸1.5~2号 ウキ0~1号 ハリス1~1.5号 チヌ針1~3号程度 刺餌はオキアミとエサ取り対策とチヌの好奇心を刺激する練りエサの2種類は用意。
撒きエサは生オキアミ3㎏+集魚材2袋くらいがベーシック。分からなければ瀬戸内圧倒的人気ブレンドである生オキアミ3㎏+瀬戸内チヌ+チヌパワームギスペシャルで挑めば間違いありません。

まこと渡船 090-4650-6095

おすすめ磯竿 プロトラスト>ファインソリッド波止磯Ⅱ

安価な磯竿でありながらソリッド穂先を搭載し喰い渋ったチヌに違和感なく食い込ませる事の出来る磯竿です。デザインもカッコ良く、持ち重り感も無いので最初の1本としてオススメです!

ウキはチヌ用を!!

フカセ釣りで1番悩むのがウキ。瀬戸内のチヌ釣りでは各メーカーが「チヌ用」と謳っている重め、大きめの物がオススメです。瀬戸内の磯は遠浅な地形が多く、遠投を必要とする場合に対応する為です。また潮の早い瀬戸内で仕掛けを流していく場合は、体積の大きなウキが潮乗りが良く、長時間流したい筋をキープ出来ます。軽く体積の小さなウキを使うと、ポイントに仕掛けが届かなかったり、潮に流して行く際、ウキが道糸に引っ張られ、すぐに流したい筋からコースアウトしてしまいます。

一覧に戻る