つりのトレンド情報

岡山県笠岡沖 ひとつテンヤ釣行!!

岡山県笠岡市の笠岡港から出船している「笠岡渡船」を利用し船からひとつテンヤを行いました。
今回はひとつテンヤ商品を中心としたメーカーV.I.SOULの田中さんにも同行して頂き
「KASAOKA STYLE」と言われる「リアクションに特化したひとつテンヤ釣法」を間近で勉強させて頂きました。

リアクション釣法と言うのはテンヤを底取りした後、機敏にシャクり(2ステップ)テンヤを跳ね上げさせた後
テンションフォールでバイトさせる釣り方です。機敏にシャクることで魚の食欲などの本能部分を刺激することで
バイトを誘発させています。

6月中旬の釣行で「シーズンイン!」と言われている瀬戸内地域のひとつテンヤですが、
この時期は産卵後の影響もありマダイの活性が低く、エサを使ったひとつテンヤでもアタリの少なさや
アタリの小ささに苦戦をした釣行でした。
その中でも一般的な誘い方であるリフト&フォールの釣り方よりもリアクション釣法はアタリの数が違い、
今回釣果を出した大半の釣り方はリアクション釣法でした。
ひとつテンヤと言えばバーチカルの釣りをイメージされると思いますが
キャスティングをして幅広く探るのも効果的でキャスティングからリアクション釣法で掛けた魚は
「釣った感!」も大きいので、ひとつテンヤの釣りをさらにおもしろくさせてくれます!

今回釣れた魚で言えばマダイだけでなく大型のキスやフグ、マゴチ、カサゴなど
色々な魚が釣れる醍醐味も感じれた釣果内容でした!!

【V.I.SOUL】エビズレン

テンヤに付けたガラエビを固定するためのアイテム

『エビズレン』

ひとつテンヤでエビがズレるってストレスですよね~
それが無くなります!

エビズレンを付けたテンヤと付けていないテンヤでは
使用感、釣果において
ひとつテンヤの世界が違います

これがないとひとつテンヤをしたくない。
それほど必要不可欠なアイテム

【V.I.SOUL】三笠テンヤ

特徴は鋭く誘い(シャクり)を掛けることで
テンヤを機敏に動かせること、
誘いを掛けた時の抵抗が軽いことです。

リアクションに特化した唯一無二のテンヤがコレ!

バーチカルで使っても良し、キャスティングで幅広く探っても良し

使いこなす事で釣りの引き出しとなること間違いナシ!!

一覧に戻る