つりのトレンド情報

日本海 スーパーライトジギング に行って来ました!

5月17日に舞鶴より出船のENS(エンス)さんに乗船しスーパーライトジギング

で根魚メインに狙ってきました!

タックルは専用の物も有りますがイカメタル用やティップラン・タイラバロッドでも流用

でき、当日はイカメタル用ロッドを使用しました。リールはベイトリール・ラインPE0.4~0.8

号・リーダー2~4号です。使用ジグはTG製30~80gしました。鉛製でも良いですが

スーパーライトジギングでは使うジグが小さいので、タングステン素材の沈下の早さや着底感はそ

れだけでアドバンテージになります。

またライズブレードを使用した「オモクル」も簡単に根魚を釣る事が出来ます。セッティングも簡単!

先に中通オモリをラインに通し、ライズブレードを結ぶだけでOK。追加するオモリは水深や潮の速さ

に合わせて下さい。※ジグよりも落ちるスピードが遅いのでそれを考慮して少し重めにセッティング!

ポイントは当日水深は70mくらいでしたが50g前後で十分底も取れ釣り易い状況でした。

シャクリ方は当日は根魚中心でしたのでフォールを意識し底から5mぐらいまでをリフト&

フォールを繰り返しました。潮の流れや船の流されるスピードを意識して誘うのがコツです!

上手く誘えるとアコウ・ガシラが連発しました!

オモクルは底まで落として2m程巻いてまた落として、の繰り返しで釣れました!

今回乗船したENSさんでは6月のシロイカシーズンに今回狙わなかったスーパーライトジギング

でのイサキ&シロイカのリレーで出船予定もあるようですので是非チェックしてみてください!

今回のタックルは

専用ロッドも有りますがこれからのマイカシーズンにも使用できお買い求めしやすい価格のアーカー

ドシェルフシリーズがお勧め!ベイトタイプスピニングタイプ両方あればどんな状況にも対応出来ま

す!

オモクル

ライズブレード28gに追加のシンカーを付けるだけ!フッキング率を上げる為にブレードにも鈎を装着!

ライズブレードのお尻に直接鈎を付けてもOKですが、鈎がブレードに当たり回転が悪くなるので

フックに装着できる専用ブレードに交換する事をオススメします!

シンカーは鉛でも良いですが、落ちるスピードが速く底取りしやすいタングステンの方が良いです。

一覧に戻る