つりのトレンド情報

日本海ティップラン!

日本海ティップラン釣行!伊根の珀宝丸さん(TEL090-1443-2279)に行ってきました。
午前便で出船。出船直前に大雨に合い、水潮に・・・。

場所は伊根~新井崎沖、水深20~30m。
エギ3号使用。シンカー20gでは、底が取りにくい為、30gと40gのシンカーを使用。

エギを落して、糸が止まれば着底。糸フケを取り、5、6回程巻きジャクリします。大きくシャクリ過ぎると、穂先にラインが絡み破損する可能性があるので、注意が必要です。シャクリ後、5~10秒間エギを水平移動させます。この時、ティップ(穂先)に軽くテンションを掛けた状態でキープします。ティップは腰から下の位置でキープし、ティップとラインの角度は、90度くらいにするとアタリが分かり易くなります。

アタリは、ティップが入るか、戻るかのどちらか。水平移動中は竿を、動かさないのがミソ。アタリがなければ、再度エギを底まで落し、同じ動作を繰り返します。2、3セット繰り返しアタリがなければ、エギを回収し、再投入。潮が流れない時は、少し投げ、サビいてアタリを取る釣り方もあります。

当日は、エギ単体では、反応が悪かったので、お助けリグも使用しました。ドロッパーには、2.5号のダートマックスOTをセット。すると、早速アタリ!ドロッパーとティップランエギのWヒットもありました。
エギの色はローテーションして、当日のヒットカラーを見つけましょう。アジ金やマーブル、パープル系は必須です。この日は、ミヨシの釣り座で、良くヒットしました。7人で9匹と厳しい状況でしたが、良型が釣れ満足の行く釣行となりました。

SLASH アーカードオーシャン672ST

ティップラン、イカメタルでも使用できるおすすめロッド。
ヘリカルX、ヘリカルコアカーボンを使用し、腰が強いので、重たいシンカーでもしっかりシャクれます。
ティップ部分は、チタンLBDガイド採用し、糸絡みも軽減しています。
ソリッドティップで感度、食い込みも抜群です。

エギ王TRシンカー、ノーズコーンシンカーとお助けリグ

エギ王TRシンカーは、幅広いエギまで対応可能。装着すると、エギが尻下がりになるので、早潮におすすめ。
ノーズコーンシンカーは、細い形状で、シャクリ抵抗が少なく、エギが水平になります。
どちらのシンカーが良いのか、当日使い分けて下さい。また色を変えると釣果に差が出る時もあります。
シンカー装着後は、通常のスナップでは小さく、取り付けできない可能性があるので、ティップランスナップを忘れない様にして下さい。
お助けリグは、イカメタル用のリーダーで対応可能。潮が緩い時は、エダスは短く、潮が速い時はエダスは長めがおすすめ。仕掛けにサルカンが付いているので、巻き込んで穂先が折れない様に注意が必要です。

一覧に戻る