つりのトレンド情報

日本海舞鶴 白イカ釣行 

舞鶴東港より出船している大海丸さんにお世話になってきました。

当日は風とウネリが少し強く、決して良いコンディションとはいえませんでしたが・・・

釣ってる人はコンスタントにイカをキャッチ!

正確に当たりの出るタナに仕掛けを送り込んで、竿先がブレないように波に竿を合してやる

という基本の重要性を再認識しました。

スタート直後は底付近、ライトが点いてからは40mライン、その後は船の影に群れが付いたのか20m付近でも良くアタリがありました。

イカのタナに合わせて鉛スッテの重さ・誘いを臨機応変に対応していった人が竿頭となりました。

オススメロッド:SLASH アーカードオーシャンB672STV

MAX25号の鉛スッテまで使えるカタログスペックとしては硬めの印象ですが、10号前後の軽い鉛スッテにも充分対応出来ます。

スパイラルガイド設計なので穂先へのライン絡みも激減!

胴長10cm程の小さな白イカのアタリも感じる事が出来ますよ!

プロトラスト ハイペリオン150

如何にタナを正確に把握出来るかが、シブい状況の時ほど釣果の差が出てきます。

そんなタナ取りが楽に出来るのがカウンター付リールです。

カウンター付リールとしては最も手頃な価格帯ながら充実のスペックです。

一覧に戻る