つりのトレンド情報

日本海SLJ

三重県ではベイトによって様々な魚種が狙えるジャンルとして確立されているが日本海ではまだ探り探りなSLJ。

今回は、舞鶴港から出船しているENSさんにお世話になってきました。近年力を入れており日本海でも根魚をメインに釣果が賑わっています。ベイトの状況次第でイサキも狙えるとあって期待に胸を躍らせながら出船します。

水深は10~40mまでを狙う事が多くジグも20~60gタックルがティップランやタイラバタックルで出来るとあって1日疲れ知らずで快適に釣りをする事が出来ます。

一か所目は、島まわりの岩礁帯。水深25m前後から10mに浅くなるかけ上がりを狙っていきます。ジグは、30g、40gをキャストして狙っていきます。ポイントによってアクションは変わりますがここではボトムメインのネチネチアクション。着底後3シャクリでしっかりとフォールを入れる事で面白い様に魚信があります。一か所目のポイントでアコウ、アイナメ、メバル、小マサ、ガシラ、ベラと6目釣り。

ラストのポイントまでガシラ、アコウの小型が連発しますがキープサイズ無し。ラストのポイントでキープサイズのアコウが連発しますがタイムアップ。

 

誘い方はドテラ流しで流れとは逆にキャストして誘う誘い方とドテラで流しながら誘う誘い方があります。逆ドテラで誘う場合はアクションさせた後にステイの間を作れる事により食わせるチャンスを多く演出する事が出来ます。

ドテラでは船からジグを離す事が出来、警戒心の少ない状況で魚にアプローチが出来るという利点があります。アコウ等の根魚狙いの際には岩礁帯にキャストして狙うのも有りです。状況に合わせたアプローチで魚との距離を縮めていきましょう。

 

狙いとしていたイサキには出会う事が出来ませんでした。イワシ等のベイトに着いているイサキはジグにも反応しやすいという事でシャローエリアにベイトが増える今からの時期は期待が持てます。今回は出ませんでしたがマダイ、青物、シーバスとのビックファイトも楽しめます。まだまだ開拓の余地ありですね♪

 

甲殻類パターンはコレ!!

当日アコウのアタリが特に多かったのが

<プロトラスト> 神剣ジグ30~40g

カニを捕食しており釣り上げた際に吐き出す個体が多く、ジグの型とフォールがマッチしたんだと思います。時期が進みシャローにベイトが入ればスリム形状のベイトに合わせたジグに反応が集中します。マッチザベイトで攻略してみましょう!!

フックは大きい番手に変える事でバラシ軽減に繋がります。

オススメタックル

キャストして狙う事が多く、ベイトタックルで狙うのであればキャスティング可能なベイトリールがオススメ。竿はイカメタルやタイラバのロッドでスリリンングなファイトが楽しめます。

ベイトフィッシュを追っている時はスピニングの独壇場。キャストして幅広く探っいきましょう。ロッドはティップラン、イカメタル、キャスティングタイラバ等のロッドがベストです。

ラインはベイト0.8号メインスピニングは0.6~0.8号メインにリーダー14~20lb

メジロ、ブリサイズの青物も来ますので結束はしっかりとしたノットで挑みましょう。

 

一覧に戻る