つりのトレンド情報

明石ジギングに行ってきました。

兵庫、林崎漁港から出船している中島丸さんでジギングに行って来ました。

明石海峡の東側からスタートとなりました。

水深50mから30mへと急なかけあがっており、潮の流れは3ノットある為

ジグはセミロング・ロングの200~300gを使用します。

底取りを恐れずに狙う事でハマチ以上のサイズを獲る事が出来ます。

根掛りが多いですのでジグは多めに持って行って下さい!!

明石海峡の西側(鹿の瀬)では水深30mと比較的浅く根掛りが少ないポイントです。

ジグは100~150gのシルエットの小さいジグがオススメです。

ハマチサイズまでの数釣りが出来るポイントとなっており、

ハマチ・サゴシを釣る事が出来ました!

これからタチパターンがはじまりますのでロングジグが必要なります。

タチパターンでは大物が期待出来ますのでこれからが楽しいですよ!

中島丸さんの船長さんは明るく優しい船長さんですので初心者の方でもオススメ!

皆様も是非一度行ってみた下さい。

ロッド オーシャンシーフ

明石海峡の東側はベイトタックルの方が着底が分かり易く200~300gのジグを操作できる

OT-SL633やOT-SL634がオススメです。

西側(鹿の瀬)は水深が30mまで浅い為、スピニングで100~150gのジグを少し手前にキャストして

斜め引きする方法も有効です。

高感度でジグの操作もし易く、状況に応じて使いわけれるようベイトタイプ・スピニングタイプの

ジギングロッドとなっております。

リール オシアジガー1500HG

明石海峡の東側で釣る場合にハイギアモデルのリールがオススメ。

急なかけあがりに対して巻きスピードが遅いと即根がかる為ハイギアが圧倒的に有利になります。

パワフルな巻き上げで大物もモノともせずに寄せてこれます。

PEライン 2号200m以上は必要 リーダー 30~40lb

 

一覧に戻る