つりのトレンド情報

明石海峡で青物ジギングしてきました

シバキ丸さんでレジャックス岡山地区の仲間と明石海峡周辺で青物ジギングしてきました。

前々日あたりから食いが落ち始めジギングではかなり厳しい状況の中、

メジロ・ブリを目指して途中、ドシャブリの中シャクリ続けてきました。

スタートは明石海峡周りの激流から。

PE1.5号にリーダー、フロロ8号に250gのロングジグ。

ん?バランスおかしくない?と思うでしょうが激流4.5ノットで

底を取るにはラインシステムを細く潮の影響を受けない為の工夫なんです。

ロングジグに反応がまったくないのでタングステンの150gに変更。

さらに底取りが容易になりますがこの日は何をやっても反応なし。

潮止まりはタチウオでも・・・魚探に太刀魚の反応もなし。

昼過ぎまでやって誰一人アタリすらない状況に早上がりに一同賛成!

港に戻る途中のポイントで魚探に反応!!

明石海峡よりは潮も緩いのでスピニングタックルに100gのTGベイトの

アカキンをチョイス。それが正解。そこからヤズ3連発。

動かし方は水面を叩くような細かく激しいワンピッチ。

しまなみ方面でポピュラーなシャクリがどハマリでした。

ダイワ TGベイト100g PH赤金

名前の通りタングステン素材のジグで比重が重くて底取りが楽々。シルエットが小さく潮の影響を受けにくく引きおもり抵抗も少ない優れものです。今回ヤズの腹から出てきたベイトはアミエビでした。ジギンガーを1番悩ますベイトがシラスとアミエビですがそんな中3連発であたってくれたのはシルエットの小ささでした。キビキビ動かして青物を誘うも良し、スローに誘ってタイや底物を狙うも良しのオールラウンダーです。困った時のTGベイト!ジグバッグ1本忍ばせておいてはいかがですか。

天竜 ドラッグファース JDF621S-3

私も愛用しているスピニングロッドです。元々ブランクメーカーが出しているロッドですのでブランクの質は最高品質です。さらに自社開発のブランクで自社製造。ということはブランクメーカーに依頼して購入して製品にするメーカーよりも安くてより良いもの。これが天竜ロッドです。ジギングロッドはブランクが命ですので曲がりやパワーなど様々な好みが分かれるところですが、ドラッグフォースJDF621S-3はティップは柔らかくバッドはしっかりしたパワーと粘りがあってヤズ~ブリまで、軽いショート~重めのロングまで自分の理想のシャクリを実現する完璧なロッドです。この1本でクダコ、来島海峡、日本海とすべてのジギングシーンをカバーできます。

一覧に戻る