つりのトレンド情報

松山沖ジギング釣行!

地区内のスタッフ6名で山口県周防大島から恵比寿丸でジギングに行ってきました!

水深30m~70mのカケアガリをメインに釣ります。

ベイトはイワシとタチウオだったので使用したジグは100g~150gのショートと、100g~300gのロング。

今年はタチパターンが始まるのが少し遅れているようで、タチウオを喰っている大型のブリはこれからに期待大!

当日もボトム5mまでと15m付近の2ケ所に反応が出ており、ボトムの反応はブリサイズ、中層の反応はヤズクラスとサワラといった状況でした。

ジグ

釣り開始後しばらくは主にロングジグで釣り、ボトム付近でブリサイズが当たりましたが、潮が緩んでくると反応が皆無に。中盤は100g~150gのショートジグの高速巻きからのワンピッチやフォールを織り交ぜてのアクションにヤズ・ハマチが好反応。船中同時に4、5人釣れたり、ダブルで釣れることも。

その中でもロッツオブアートのジョーカーでの早巻きからのワンピッチ中に当たるか、その後のフォールで当たるかのパターンで圧倒的に釣れ、1投1匹の入れ食い状態になることもありました。

タックル

100g~150g程度のジグが使えるスピニングタックルと、150g~300g程度のジグが使えるベイトタックルを用意。早巻きを多用する釣りにはスピニングを、カケアガリのキツイポイントでのタチパターンの釣りには底取りがしやすくラインスラックを調節しやすいベイトを主に使用。

一覧に戻る