つりのトレンド情報

津風呂湖オカッパリバス釣行

徐々に水温が上がり始めた奈良県吉野町「津風呂湖」に3月19日にオカッパリ釣行しました。

当日のポイントは「吉野運動公園」駐車スペースも広く、釣り座も広いのでグループでの釣行にもおすすめです。

事前情報のとおり、回遊するバスの姿が視認でき、いずれも40~50cmアップの型ぞろいにテンションも上がります。

このポイントは足元から急深で表層から宙層が狙い目となるため、バイブレーションやサスペンドミノー、シャッドテールワームが有効です。湖も広く、バスのサイズも良いことから、ルアーのサイズも大きめで遠投重視のものが絶対おすすめです。

現在のメインベイトは、産卵前のワカサギや津風呂湖で孵化している稚鮎ですが、間もなく水温も10℃台に上昇するとブルーギルも加わりバスの活性も一段とアップするはずです。

おすすめタックル

ロッド:SLASH クォーテッドソウル C702H

20g前後のルアーの遠投性能とルアーの操作性に優れています。ビッグバスの強烈なファイトにも耐える強力なバットパワーも備えています。

リール:SLASH コードゼロ HG

小型軽量ボディーながら16ポンドラインが100m巻けます。ギヤー比7.0:1のハイスピードも遠投時のアドバンテージとなります。使用するルアーやバスのサイズからも16ポンドラインがおすすめです。

オススメルアー

上から

グローブライド:TDバイブ74S

ジャッカル:リレンジ130

issei:ギルフラット

OSP:ドライブシャッド5.5

一覧に戻る