つりのトレンド情報

淡路島 吹上浜のチヌ渚釣り

淡路島の南部にある吹上浜でチヌの渚釣りにチャレンジしてきました。渚釣りとは、砂浜やゴロタ浜などのサーフからのフカセ釣りのことです。写真をご覧ください。こんなキスが釣れそうな砂浜でチヌが?意外な事に、写真のような良型のチヌが結構釣れるんですよ。足場も良くて安全でチヌのフカセ釣りをこれから始めようという方にもピッタリです。

基本的な釣り方は、波止や磯からのフカセ釣りと同じ。円錐ウキを使用したウキ釣り仕掛けにサシエのオキアミを付け、オキアミと集魚剤を混ぜたマキエを杓で20m程沖へ投げて、仕掛けを投入します。ウキ下は、ハリが底すれすれになるように調節しますが、流れがある時は仕掛けが斜めになるため、長めにセットするとちょうどハリが底付近になります。波止や磯からの場合より、水深が浅いのでウキ下も浅いので仕掛もなじみやすく、マキエとも同調させ易いでしょう。ウキが沈むと本命のチヌなら、沈んだままウキが浮き上がって来ずに、ゆっくりと消し込みます。一呼吸おいて、糸ふけをとってアワセを入れ、重みを感じたらやり取りを楽しみ打ち寄せる波に乗せてずり上げるのですが、渚釣りで掛けたチヌは、水深が浅いので横に走り思いのほか良く引いてくれますよ。

季節は、5月半ばと乗っ込みチヌのシーズン終盤でしたが、ここの渚釣りは今からがシーズン。秋まで楽しめます。広大な砂浜なので、少々釣り人が多くても場所の心配をしなくて良いのもありがたいですね。

”遠投”がコツ。集魚剤やウキは遠投出来るものを。

基本的にはフカセ釣りと同じですが、マキエ・仕掛けは遠投出来る方がベターです。集魚剤は、まとまりが良い物を選びましょう。特に風がある時は、空中でバラけてしまいやすいです。そして、ウキは、自重があるものが遠投しやすくおすすめです。また足場が低くウキが見にくいため、視認性を考えると大きめのウキが良いでしょう。渚釣りでは、波打ち際にエサを食べに来ている活性の高い魚を釣ることが多いため、ウキが大きくて食いが悪いという事はあまりありません。繊細さは必要ない場合が多いので飛びと視認性を重視しましょう。

背負子で広大な砂浜も楽々移動!! 「プロトラスト アルミ背負子ST」

今回の取材では、持参していなかったのですが、砂浜をクーラー・マキエの入ったバッカンなどの荷物を手に持って移動するのに持って行けば良かったと後悔したのが、この背負子。キャリーカートが使えない砂地では、快適に荷物が運べますよ。こちらの商品は、軽量アルミ製で、15kgまで乗せられます。

一覧に戻る