つりのトレンド情報

淡路島の筏でカレイ釣り!

2017年の2月9日に、福良湾内の筏へカレイ釣りに行ってまいりました。
福良漁港のすぐそばの 「溝上渡船」 TEL 0799-52-0909 (渡船料金 ¥3,500)

昨年のこの時期には2桁釣果が続々続いており、釣行日の前日も、1人で9枚釣れていた好釣果もありで、期待の気持ちが高まります!

筏でカレイ釣り?と思われる方も少なくないと思います。仕掛けは至ってシンプル!投げ釣り仕掛けでOK! 無理にキャスティングする必要はありません。足元へ落としてあとはアタリを待つだけ!魚の反応がない時は、少し動かして誘いをかけるのもお勧めです!

当日は、開始早々に22.5cmの良型キスが釣れました!全員HITとはなりませんでしたが、全体で5枚のカレイと、良型キスが2匹の釣果となりました!

エサは、本虫(マムシ)と青イソメを使用。撒き餌としてマルキューのカレイ専用撒き餌を使用しました。
撒き餌をするというのは、筏釣り独特ですね! 撒き餌を撒くポイントやタイミングは、その日の潮流・魚の反応をみて、いろいろ試してみて下さい!刺し餌はこまめに取り替えるとアタリの数が増えると思います。

水温が上がってくる今後は、カレイの釣果もますます上向いてくると思います。

ZAPPY ファミリーキャスター投げセット

投げ釣り専用竿だと 210m~300mほどで、15号ぐらいまでのオモリが使用できる竿であれば大丈夫です。
比較的水深が浅い筏なので、6号とかの中オモリで底取りも出来る為、軽めのオモリを使用する際は、エギングロッドクラスのルアーロッドもおすすめです。
リールは竿の長さ・号数に合ったサイズをお選びください。オススメとしては、3000~4000番サイズ。
糸の太さは、ナイロン糸の3号ぐらいで大丈夫です。

ZAPPY ファミリー投げ 潮き~るシンカー付

仕掛けは、市販の1~2本針の仕掛けで充分です。
画像の商品は、オモリに特徴があります!
・オモリが海底で立つ為仕掛けが少し浮き上がり、魚の食い気を高めてくれます。
・オモリの羽部分が潮を受けて、仕掛けを魚の方へ流してくれます。
中通しオモリを使用する際は、1本針の方が手返しよく釣りができ、針のサイズはカレイ針の11~14号がオススメです。

一覧に戻る