つりのトレンド情報

淡路島沼島 盛漁丸ティップラン

紀伊長島を発祥とするボートエギング「ティップラン」ですが、近年は日本海エリア、淡路島周辺でも盛んに行なわれています。今回は淡路島の沼島周りでの釣行となり、盛漁丸さんにお世話になりました。
ティップが走るアタリを捕える事から命名されている釣法なだけに柔らかいティップの専用ティップランロッドが必要となります。沼島周りは水深も30m以下と比較的浅いポイントが多く、肝となる底取りも比較的容易に出来る釣り場でした。餌木は30g~40gのティップラン専用餌木を使用し、強風、速潮などの影響で底取りが困難であれば、専用シンカーをプラスし、確実に底を捕えます。
底取り後は短い振り幅でワンピッチジャークを5~10回程度のアクションを入れます。アクション後は必ず餌木をステイさせ、イカに餌木を抱く間を与えます。シャクリ後はティップ部分に全神経を集中し、ティップを持っていく、ティップが戻るといったアタリを拾っていきます。基本はこの繰り返しになります。
9月末の釣り場解禁直後は好釣果が続いていた沼島周りですが、当日はテイップランに必要な適度な風と潮の流れはありましたが、非常に厳しい一日となりました。それでも基本を守れば、テイップに明確なアタリがあり、ティップランの醍醐味は味わう事は出来ました。

エイエルシート エギング

釣れない時はちょっとした工夫で状況が一変する事があります。
この発光エイエルシートを貼るだけでアオリイカをたちまち誘惑可能。
釣り場で簡単に餌木をチューンナップ出来、オリジナル使用でライバルに差をつけよう。

ティップラン専用餌木

テイップラン専用餌木なら軽いシャクリで大きなアクションを演出します。ショア餌木を手持ちの駒にするならエギ王TRシンカーでウエイトアップ、沼島の環境下であれば、10g~30gまで取り揃えておけば安心です。

一覧に戻る