つりのトレンド情報

湯浅のヒラメ釣り

湯浅より出船している和歌山のヒラメ釣りのエキスパートの早勝丸さんにお世話になってきました。

当日は70センチ級のヒラメも釣れ、他にもブリやオオスジハタなども釣れました。

タックルですが、プロトラスト)レイグラード船30-270やオーシャンゲーム190MH・Hがオススメです。

リールは手巻き、電動リールどちらでも大丈夫です。ラインはPE2~3号200mあれば安心です。

仕掛けはヒラメ以外にもハタやブリなども釣れるのでハリスが太いハヤブサの大ヒラメ仕掛けがオススメです。

エサになるアジを釣るためにサビキ仕掛けも用意してください。オススメはプロトラストの爆釣きらめきサビキの

鈎が9号、ハリス2号、幹糸3号です。

オモリは六角オモリの60号を使用します。

ラークも持参して下さい。第一精工のチビラークロングがオススメです。

まずはじめに、日の岬沖でエサとなるアジを釣り、その後、ヒラメのポイントに移動。

釣り方はアジをエサにしたのませ釣りです。仕掛けを投入し、底取りをし、仕掛けを50センチから1メートルほ

ど浮かし、アタリを待ちます。アタリが来てもすぐにアワセずにしっかり食い込むのを待ち、竿に重みが乗ってか

らアワセます。すぐにアワセるとバレやすいので注意して下さい。

エサが弱ってくると釣れ難くなるのでこまめにエサは付け替えて下さい。

これからがシーズンなので美味しい肉厚のヒラメを釣り行かれては如何でしょうか。

オススメの竿

プロトラスト)オーシャンゲーム190MH

軽量で手持ちでも疲れ知らず。

感度もよく、底取りもしやすい。

バットパワーもあるので50センチオーバーのヒラメや60センチオーバーのハタやメジロも取れます。

 

オススメの仕掛け

ハヤブサ)SD166 鈎14/13 ハリス10 船極 大ヒラメ

鈎とハリスが太いので大型のヒラメやブリやハタにも難なく対応できます。

仕掛けは根掛かりや切られる事もあるので多めに持っていく事をオススメします。

 

 

一覧に戻る