つりのトレンド情報

瀬戸内の船カワハギ釣り(福山沖)

今シーズンも盛り上がっている福山沖へ「船カワハギ」に行ってきました!!

当日は、冷え込みましたがベタ凪・快晴。絶好の釣り日和となりました。

 

今回は、「笠岡渡船」さんにお世話になります。

ポイントまで約40分、船中はそれぞれ用意してきた「特エサ?」の話で盛り上がり、あっという間に到着!

 

手ぎはよく準備をして釣り開始です。

さっそくカワハギの基本である「たたき」「たるませ」「聞き合わせ」で掛けていきます。
サイズは「ワッペン」が多いものの、日が昇ると23㎝クラスの両型も上がり始めました。

「ガツガツ」としたアタリと、掛けてからの強い引きで船中大盛り上がりです。
それぞれが用意した、「アサリ」「ムキエビ」「オキアミボイル」「アオムシ」などなど
使い分け、順調に釣果をのばします。

途中、潮流が速くなり仕掛に「中オモリ」を打ったり、「集寄」を重たくしたり、工夫をしながら
楽しみます。

やがて、潮がゆるみ再び「時合」をむかえました。

起伏のある瀬をかわしながら、アタリを掛けると
強烈な強い引き!

この日最大クラスの25cm級を連発!!

船中テンションMAXで、大盛り上がり⤴
それぞれが数・型ともに楽しめた「カワハギ釣行」となりました。

今後も、水温が下がる12月中旬までは楽しめる見込みです。

釣って楽しい、食べて美味しい「キモパンカワハギ」に挑戦してみてください。
夢中になること間違いなし!!

レジャックススタッフ「太鼓判」です。

流行のカワハギ仕掛 

① シマノ カワハギ仕掛け
とにかくハリスの装着が簡単!!こだわり抜いた「吸わせ鈎」で釣果UP!!

② シマノ カワハギ集寄 イチコロイタ
鏡面仕上で遠くのカワハギにもアピール。さらに多穴使用で色々な状況に対応します。

③ シマノ カワハギワンタッチ集寄 ほうき星フサフサ
幹糸の途中やシンカー、集寄にも装着可能。お好みでカットしてアレンジOK!!

④ シマノ ドロップシンカー 底棚
海底で安定しやすい形状で、「たるませ」「ゼロテンション」「棚釣り」にも対応します。
平面ホログラムでフラッシングアピールUP!!

流行のカワハギアイテム

マルキュー:バクバクソルト

①ヌメリがある「アサリ」はつけにくい!!むき身にたっぷりふりかけて混ぜ込み
海水で洗い流せばふっくらとしたつけやすい「アサリ」が完成します。

②ヌメリをとった「アサリ」にふりかけます。
しっかりと締まった鈎もちの良いエサが出来上がります。
※締める時間はお好みで調整してください。

ウルトラバイトα配合で、喰いが高まること間違いなし!!です。

レジャックススタッフおすすめの1品です。

 

一覧に戻る