つりのトレンド情報

瀬戸内の青物キャスティング

今回、香川県高谷港から出船している「遊漁船 リスキー」を利用してキャスティングで青物を狙いました。
瀬戸内では青物キャスティングで出船している遊漁船は珍しく、
数日前の釣果ではハマチサイズが数多く釣れている釣りです。

タックルは青物やシイラのキャスティングロッドに剛性のあるリールを使用。
ルアーはメタルジグの30g~40gがメイン。青物用のジグミノー、トップウォーターなども有効です。

釣り場は出船場所から40分程の場所。
ポイント一帯でベイトとなるイワシの反応があり、広い範囲の中で青物(ハマチサイズ)が底を回遊しています。
メインとなる状況は表層でイワシを追い掛けてナブラが起こることですが、
この日は簡単にナブラが起こらず厳しい状況。

ナブラ待ちの間にカケアガリ付近でルアーを引くスピード、レンジ、ルアーの動き、シルエットなど
試行錯誤しながらの釣りとなりました。

夕マズメになると小さなナブラは所々見られましたが、本日釣れた唯一のハマチはナブラが無い状況での一匹。
レンジを少し下げて、早巻きからメタルジグを止めることで喰わせの間を作り、ヒットさせたハマチです。

青物キャスティングはいつ喰い気が高まるか分からないことから、タイミングの要素も大きな釣りですが
短時間で爆発的な釣果も出る釣りです。
基本的な釣り方も難しくなく、相手も青物なのでパワフルな引きを味わえます。

たまには普段と違う釣りをして楽しんでみませんか?

青物・シイラ キャスティング タックル

シーバスキャスティングタックルなどのライトなタックルでも
釣りは可能ですが、
相手は青物で基本的にナブラ打ちの釣り。

ライトタックルだと・・・
ハマチを掛けてキャッチするまでに時間が掛かってしまい
トータルキャッチ数も下がります。
場所によっては浅場でのヒットもある為、ドラグを出しすぎると
根ズレでラインブレイクします。

この釣りをするなら青物・シイラのキャスティングロッドに
剛性のあるリールを組み合わせるのがオススメ!

ジグパラ40g (メジャークラフト)

本日ヒットルアー

「ジグパラ 40g」

高速巻きでも動きが安定しており
時折、ヒラ打つ動きは青物の喰い気を強く誘います。

リーズナブル価格で、釣れるメタルジグ!!

一覧に戻る