つりのトレンド情報

瀬戸内ティップランエギング

今回玉野から出船している「遊漁船 幸友丸」でティップランエギングに行って来ました!

今期初のティップランと言う事で、事前情報がない状態ではありましたが、朝一に連発!

トリプルヒット!水深は15m前後でエギの大きさは3号メインで、状況に合わせて使い分けると良いです。

今回は真下に落とすバーチカルエギングがメインで、ジャークもテンポよく素早く行った方が反応が良かったです。

根掛かりもあるので、必ず多めにエギは準備してください。

水面まで追いかけて抱くアオリもいますので、最後まで気を抜かず食わせの間を取ると数が釣れますよ!

まだ若干アオリイカのサイズが小さ目ではありますが、これからどんどん釣果も上向いて行くと思われます!

10月中旬には3.5号をメインで使用すれば、良型サイズが狙えると思います!

瀬戸内の代名詞でもあるタイラバ・太刀魚の合間に瀬戸内ティップランエギング

ぜひチャレンジしてみてはいかがですか?

動画はこちら

 

ティップランタックル

ティップラン専用ロッドが望ましいが、一つテンヤ・イカメタル用ロッドでも代用可。

繊細な穂先でアタリを取るので、ティップの動きが分かりやすい物がベストです。

リールは主に2500番台の物を使用。

パワーハンドルが付いていると、アクション・やり取りもスムーズです。

糸はPEラインの0.6号を使用。細めの糸なので、4本編みより8本編みのタイプがオススメです。

釣ってすぐに絞めれるように、イカ締めピックは持っておきましょう。

ティップラン用エギ

追加シンカーを付けたエギでも良いが、ティップラン専用エギがバランスも良く扱いやすいです。

主に3.5号をメインに、状況によっては3.0号 2.5号も持っておくと良いです。

水深が浅い場合・深い場合や潮の流れが速い場合など様々なため

シンカーの重さは25g~40g程を準備しておきましょう。

アシストでティップランエギ40㎝ほど上に小型エギを取りつける方法ありますので、渋い状況などは

試してみてはいかがでしょうか?

一覧に戻る