つりのトレンド情報

琵琶湖バスボート釣行

今回、琵琶湖南湖からハイドアップ吉田プロ・横山プロ・なすびガイドサービス中谷さん・石井館長の4名の方々にアングラーズグループのスタッフがバスボートに乗せて頂きました!
今回私は石井館長艇に乗せて頂きました!風が強く、出船できるのかと思いましたが、さすがバスボート!荒れた中でも安定して釣りが出来ます!
ピンスポットでC-4リーチのダウンショットリグで1本キャッチでき、その後は、巻きキャロなる釣り方でトライ!

巻きキャロとは、文字通り「キャロライナリグを巻く」 ウィードの面を巻くこの釣り方、仕組みはとても簡単で奥の深く、とても面白い!
この時使用したのが、ハイドアップ スタッガーワイドツインテールの2.7インチ。
このワームは巻きキャロの相性抜群で、ウィード絡みをかわしながら、安定した姿勢でバスを誘う事が出来る。

石井館長にコツ教えて頂いて、キャストを続けていると、同船していた安田さんにヒット!
琵琶湖らしいBIGバス!時間差で一ノ瀬にも!この釣り琵琶湖だけでなく、どんなフィールドでも使える!そう感じました!

ぜひ皆様も琵琶湖でのボートフィッシング行ってみませんか!?そして巻きキャロやばいですよ!

動画はこちら 

動画2はこちら

巻きキャロ

今回使用したリグが、「巻きキャロ」

2.7g・3.5g程のシンカーを使用。リーダーの長さは40㎝~50㎝程

遠投して、ウィードをかすめながら一定スピードで巻く。

シンカーの重さやリーダーの長さは状況に合わせて変えて下さい。

ボートのみならずオカッパリでも効果絶大のリグです

ぜひお試しください!

ハイドアップ スタッガーワイドツインテール

巻きキャロに最適のワーム。安定した巻き姿勢で、

ウィードをかわし、バイトチャンスを増やす

ベイトフィッシュがブルーギルの時は効果絶大!

巻きキャロを試してみるときにはぜひ使ってみてください

動画はこちら

一覧に戻る