つりのトレンド情報

琵琶湖バスボート釣行

春の爆釣目指して琵琶湖に行ってきました!

当日講師をしてくれたのは、

JBTOP50現役トーナメンター兼、ハイドアップ主宰

「吉田秀雄プロ」!!!

しかし当日は生憎の雨&強風・・・・

ポイントが絞られる中、朝一はスライドスコーンジグ+スタッガー6インチのスコーンで開始。水面からカーブフォールと、ボトムちょっと上をトレースの2パターンをワンキャストごとに交互に繰り返しますが、まだ差してきていないのか反応無し。

次にスタッガー2インチの3,5gダウンショットでチェックします。

ここで吉田プロよりアドバイス!

「ダウンショットをやるときはなるべくシェイクしないこと(例外あり)。障害物を外したり躱したりするときだけOK。あとは全力で障害物をタイトに流すことだけに集中してくださいね。」

「バスはほんのわずかなストラクチャーや底質の変化にもつくからね。」

吉田プロの言葉通り、沈船が点在するポイントで、違和感があったところでワンアクション加えると、、連発!!

タフなコンディションの中でも40オーバーを釣ることができました!

マリーナに戻ると、他のボートで出船していたスタッフがなんとスコーンで

58cmを捕獲していました!

巻物系はタイミングも重要な要素なので、やると決めたら一日やりきることも大事ですね!

春爆はすぐそこです!皆様も自己記録目指して釣行してみてください!

 

【ハイドアップ】スタッガー2インチ

当日釣ったバスは全てこのルアーです!

ノンソルト素材なので軽い力で非常に良く動いてくれるので、このサイズでもバスをしっかり呼んでくれます。

また針持ちも良いので、ギルバイトにも強いですよ。

ダウンショットシンカーは3,5gを使用。

シンカーはその場所で底感知できるギリギリ軽いサイズを使ってくださいね。

【ハイドアップ】スライドスコーンジグ+スタッガー6インチ

当日最大の58cmが捕獲されていたのも、この元祖スコーンのスタッガーオリジナルです。

スライドスコーンジグはフックサイズが大き目の4/0+ウィードガード強化でスコーン専用に開発されたジグです。

春はもっともスコーンが活躍する季節なので是非使ってみてください。

スコーンをするときは、ズレ防止のためトレーラーロックをお忘れなく!

一覧に戻る