つりのトレンド情報

琵琶湖・南湖オカッパリバスフィッシング!

琵琶湖南湖へおかっぱりのバスフィッシングへ行って来ました。
沖でも岸でも今期絶好調の琵琶湖は果たして・・・

今期はウィードが少ない事とベイトフィッシュである小鮎が少ない事で、
魚は南に寄っているとの情報を元に南湖東岸の南エリアである矢橋帰帆島へin

ルアーは遠投性能抜群で琵琶湖では必須リグの三ツ又ヘビキャロをメインに広範囲をサーチ。
早々にアタリがあり、見事に一本目の琵琶湖バスをキャッチ!
回りでもプロポーション抜群の50UPが上がっていました。

暫く沈黙が続き、北山田、烏丸半島、木ノ浜へと順に北上。
木ノ浜では本湖にて51cmをヘビキャロにてキャッチ!4号~5号間の水路でも40UPをキャッチ!
南だけでなく、他のエリアも魚が差してきている様子が伺えました。

夕マズメには、今最も釣果の期待出来る本命ポイントである、におの浜~由美浜エリアへ。
やはり人気のエリアだけ有り、魚影が濃く僅か2時間余りの間に連発。
30cmから本日MAXサイズである57cmをキャッチする事が出来ました。

回遊のグッドコンディションのバスを狙う為、メインルアーとしてはバイブレーション。
沖のボトムを意識したヘビキャロの大遠投。
それだけでなく、足元石畳のブレイクを意識したダウンショットでも30~40cmがコンスタントにヒット。

今期絶好調の琵琶湖は期待通りの結果を得られる事が出来ました。
是非一度足を運んでみて下さい。

 

TNトリゴン70

遠投性能№①

他を寄せ付けない、圧倒的な飛距離で広範囲を効率的にサーチ可能!

57cmをキャッチしたルアーも、まさにこれでした。

リフト&フォールは勿論、ただ巻きでも好釣果を叩き出してくれる事でしょう。

根掛かり回避の為、シングルフックチューン、ダブルフックチューンがオススメです。

リアルMXランガンアーム

ランディング用タモ網です。今回の良型はこの網が無ければ取れませんでした。

エリアを問わずに持っていて損はしません。

スペックは240レッド、300ブルー、360パープルの3サイズをラインナップ。

安価でありながら、信頼は抜群に高いアイテムです。

小継ぎでベルト付きとおかっぱりスタイルにはバッチリ!

一覧に戻る