つりのトレンド情報

船太刀魚テンヤ (泉佐野 ふどう丸)

今回、泉佐野出船の「ふどう丸」さんにお世話になり、船タチウオ釣り行ってまいりました。

年を追うごとに加熱するタチウオ釣り。その中でも関西圏では王道の釣り方であるテンヤ釣り。様々なパタンでアタリが出る為非常にゲーム性が高く、また120cm程度のドラゴンサイズも混ざる為魚を掛けてからのやり取りも十分楽しめます。

乗合船では船により使用するテンヤの錘号数が違い、中にはワイヤーの素材まで統一して決められている船もある為必ず準備する前に直接船宿に調査するか、知っている人に情報を聞く必要があります。今回のふどう丸さんは比較的縛りはなく、40号のテンヤ、2号前後のPEラインの使用であれば可。テンヤの上50~100cm辺りに枝針を入れたリーダー仕掛けを使用する事もできます。

実釣については、今回は須磨沖明石海峡手前での釣行でした。水深は約60~70メートル程度と比較的手巻きリールでも対応できる範囲。洲本沖や友ヶ島付近の潮の早いところでは100メートル近く水深がある為、電動リールがお薦めとなります。

釣り開始と同時に一旦底までテンヤを落とし、着底後すぐに巻取り開始。潮の早い時は特に底付近に固まっている事があるため、底から丁寧にゆっくり巻き上げます(3秒で1回転程度のイメージ)。アタリは様々な出方があり、それによって合せと誘いの方法が変わります。食上げと言われる竿が錘負荷を無くしたように上に振れるアタリが出た時は、テンヤのイワシの腹を噛んでいる為即アワセでテンヤ針を掛ける釣り方。逆に下に引っ張られる様なアタリが出る場合はイワシの尻尾を噛んでいる事が多い為、じっくりイワシが逃げる様なアクションをつけながら巻き、追い食いを待ち合わせます。

今回は、全員好釣果をおさめる事が出来、サイズも良く非常に満足できる釣行となりました。

ダンシングゲーム 662M ハイぺリオン150

今回使用タックル
・ダンシングゲーム 662M
タイラバからライトジギングまでをメインターゲットにした7:3調子。太刀魚専用ロッドに多い8:2等の超先調子も良いが、喰いの渋い時には先の少し柔らかいロッドで違和感なく喰わせてから掛ける釣りが出来る。

・ハイぺリオン150
水深70メートル程度の釣場であれば問題なく対応。カウンター付で一万円を切り、コストパフォーマンスが高い。機能面でも、軽量スプール搭載、他メーカーの同スペックのものよりもベアリングはプラス1と優位性があり、糸巻き量も2号200を収納できる為、汎用性が非常に高い。

お薦めのテンヤと仕掛け

・今回使用は、ハヤブサ船タチウオテンヤとDUELのタチ魚リアルヘッド。
潮の濁りがある時などはアピール重視のハヤブサを使用、DUELはヘッドの形状がイワシの頭が丁度乗せれる為シルエットが綺麗になり魚からの違和感を軽減。鋭い太刀魚の歯に切られないよう、ワイヤーリーダーを使う事もあるが、喰い渋り時にはナイロンかフロロのリーダー20ポンド~30ポンドに変える事が有効。太刀魚のみならず、魚が金属ワイヤーを嫌う事が認められている為、両方準備する事が好ましい。

また、タチウオと同時にサゴシの様な青物を狙う場合はテンヤ上に枝針を出す仕掛けもあり、サンマの切り身等を掛ける事も出来る。

一覧に戻る