つりのトレンド情報

船石鯛釣り

・磯釣りのイメージが強い石鯛釣り。価値の高い石鯛ですがタックル等装備も専用の物が必要となり敷居の高い釣種として認識されがちですが、三重県石鏡漁港発の幸徳丸さんでは船釣りの延長で出来る石鯛釣りを始められています。50号~80号程度の腰の強めの竿とドラグ力の強い電動、又は手巻きリールで対応出来、仕掛けも青物用の胴突き仕掛けを使用するため、市販の物で対応可能。今回の釣行でも全員安打とはいかなかったものの、三枚釣り上げまずまずの釣果。今まで手を出せなかった石鯛が比較的狙いやすくなっています。今後注目の船石鯛釣り。是非挑戦されてみてはいかがでしょう。

青物のませ仕掛けを使用!

・ハリス10号以上、ヒラマサ針や伊勢尼の12~14号の太軸の針で対応します。胴突きタイプが使用しやすく、錘は潮の状況と水深に合わせ60~80号を使用。ハリスが長ければ誘いになりエサのサザエやヤドカリの身が自然に動くため魚の警戒心を解くには長けていますが、意外にもエサ取りが上手い石鯛。細かい当たりを取ることを優先するとハリスは短めが有効。その時の活性状況にあわせ仕掛けをチョイスする事が重要です。

タックルは50~80号の強い物を!

・重戦車と言われる石鯛。根に潜られてはほぼ引きづりだすことは不可能です。わずかな本アタリを察知してしっかり口にエサを入れた状態で一気に合わせます。バット部はしっかりした大物用の竿ながら、前アタリと本アタリを見極めれる繊細さを兼ね備えたモデルが有効です。

リールは水深が比較的浅い為、ジギング用の手巻きリールでも可能。頻繁にエサの状況を確認するため電動リール(ダイワ300番以上)を使用すると快適に釣りが出来ます。

一覧に戻る