つりのトレンド情報

青物ジギング研修IN明石沖

今回は、兵庫県は明石市林崎漁港より出船している『中島丸』さんにお世話になりました。

ターゲットは荒潮のスプリンター、『青物』!ジギングで挑みます。

早朝6:00乗合出船。明石海峡大橋に朝日が照り、最高のロケーションに皆さん釣りをする前からテンション

MAXになります!

事前情報によると、イワシパターンかイカパターンという事でしたが、当日はイワシパターンのようで、比較的

小型のジグに反応が良く、特にタングステン製のジグにはかなりの好反応!タングステン製ジグを使用されている

同船の方にツバス~ハマチクラスが次々とバイトがあります。

我々はタングステンジグを用意しておらず、中々ヒットに持ち込めないものの、最終的には全員安打で終える事が

出来ました。

【中島丸】さんではお土産にと、タコ釣りもさせてもらえるので、帰宅してからのディナーも楽しみの一つに

なります!

今回我々は研修という事で、講師以外ほぼ青物ジギング初心者のスタッフが参加しましたが、初心者なりに試行錯

誤しながら皆さん何とか釣る事ができました!

季節が進み水温が下がり始めると、イワシパターンからタチパターンに変わり、ブリクラスの大型が狙えるシーズ

ンになります。もちろん、現在のイワシパターンでもブリクラスが時々上がっているので、初心者の方は特に

釣れている今がジギングを経験するチャンスですよ!

当日の釣果(同船の方含めて約12名)

船中 メジロ10匹(61~64㎝) ツバス40匹(40~45cm)マダイ1匹(44cm)

タックル例

ジギングロッド6ft前後

リール ベイト(ジガー2000など)or大型スピニングリール

ライン PE1.5~2号

リーダー 35~40LB

動画はこちら

ソルティガTGベイト

小イワシパターンには圧倒的にタングステン製が効きます。特にソルティガTGベイトがマッチザベイトとなります!

選ぶサイズはポイントの水深・潮流に合わせます。少々高価ですが、釣果に差がでますので状況に合わせて幅広く用

意して下さい。

 

 

PRO:TRUST ジギンググローブ

一日中素手で激しいジギングを行うと、手の平にマメが出来たり、最悪はマメが潰れてもうシャクれない!といった事が実際に起こります。それを防止する為にもグローブは必ず着用してジギングを楽しみましょう!このジギンググローブは通気性も良く、グリッピング力も十分!比較的お求めやすい価格で販売しております。

一覧に戻る