つりのトレンド情報

食べて美味しいシロイカ釣り!

流行のイカメタルでシロイカを攻略すべく山陰日御碕へ。今回「錦丸」さんにお世話になりました。

日本海の中でも山陰側は大型が釣れる為、エギも2.5~3号、イカメタルも15~25号と大き目を使用します。ポイントも比較的近く、夕方、港を出港して約20~30分でポイントへ着きます。ポイントへ着いたら船長さんの合図で釣りスタート。前日の釣況などで決められていますので必ず合図を聞きます。

好調な時は明るいうちから釣れる事があります。明るい時には比較的底釣りをします。集魚灯等で小魚が浮いていない時はイカは海底付近にいる事が多いからです。日御碕のポイントは40m前後が多いので手巻きのタックルで狙うことが出来ます。

数釣りを楽しむお助け仕掛けで望みました。イカメタル20号の約1m上に3号前後のスッテを付け、仕掛を海底まで沈め竿を大きく2回シャクリをいれイカにアピールしフォールでアタリをとります。アタリが無ければさらにシャクを入れ棚を探します。メタルを持ち上げるアタリが出たらアワセを入れイカを取り込みます。その時別のイカが付いてきている事が多くすぐに仕掛けを10m沈めて付いてきているイカも釣ります。それが手返しが速いと言われる動作です。

今回は明るい時間からイカの心地よい引きを楽しむことが出来、大型も混じり平均20杯以上釣ることが出来ました。

アーカードオーシャンS672ST、リゼル2500S

アーカードオーシャンS672ST                                                               ティップランエギングからイカメタルまで幅広く使用できるオススメロッド。白穂先採用で手元と穂先でアタリをとらえることが出来るのも魅力です。

リゼル2500S
5.2:1の高いギヤ比。4ボール+1の高性能。回転もスムーズです。

イカメタルオススメ仕掛

イカメタルは各社の15~25号を使用。日々変わる釣果に対応する為種類は多目に準備された方が良いです。お助けも3号前後のスッテ、エギを数種類準備されることをお勧めします。

一覧に戻る