つりのトレンド情報

鳥取沖根魚釣行!!

鳥取港から出船する「釣りバカ丸」さんにお世話になり、鳥取沖の人口漁礁、天然漁礁に着くアコウやカサゴなどの根魚をスロージギング(100~160g)をメインにしつつタイラバ(90~120g)、インチク(120~150g)、一つテンヤ(15~20号)で狙ってきました。

鳥取ではシロイカ(ケンサキイカ、マイカ)が人気ですが、根魚も多く根魚+シロイカ半夜便でお土産を増やす方も多くおられます。その根魚を狙って釣るにはどういったタックル、仕掛、釣り方をすればいいかを学んできました。

基本的には人工漁礁(鉄筋を組んだものが多い)に着いたターゲットを狙います。根掛かりが多くなりますがなるべく人工漁礁に近づけることが釣果アップのポイントです!

朝出船をして、各漁礁を転々と釣っていきますが朝の潮は動かず厳しい状況。ジグでアコウを釣ることができましたが、後が続きませんでした。また吐き出した食べている物が2cmくらいのセミエビ、小さいカタクチイワシなどでジグの動かし方もゆっくりとした上げの動きに反応があります。

上げの動きならタイラバが良いのではないかと変更するとこれが正解!みんなでアコウ、カサゴ、ウッカリカサゴ、マトウダイ、チダイなどが釣れ続きます!!ネクタイは赤やオレンジの濃いめが好反応!

ジグで状況確認すると底から5mほどが潮が動いています。潮が動くと魚の反応も変わってきますね。

その後も各漁礁をランガンしていき、船中6人でキープ分だけで30匹以上!状況が良くなったこともありますが、食べているエサなどの状況に合わせれば簡単に高級魚を釣ることができます。シロイカ半夜便などでぜひ釣ってみてください。

【プロトラスト】デルタバイト

60~100gでカラーも豊富なリーズナブルなタイラバヘッド。

デルタ(三角形)にカットされたことで潮を受けアクション&フラッシングで強力にターゲットにアピールできます。

リーズナブルなので根掛かりを恐れず攻めていけることも強みです。

【プロトラスト】トリニティMH190&ハイぺリオン150

おすすめロッドはトリニティーMH190

オモリ負荷が20~100号と汎用性が高く、山陰で色々と使うことができる高感度竿。

タイラバ、インチクはもちろんシロイカのスッテ、オモリグ、根魚胴突き、アジ、マダイとなんでもOK!

グラスソリッド穂先で感度が高く、喰い込みも抜群の良さ!バットにパワーがあるので中型青物まで幅広く使っていけます!!

リールはカウンター付きのハイぺリオン150!

値段も手頃で、タイラバ、シロイカ、タチウオ、ライトジギング等なんでも使えます!

ハイギア使用で手返しも抜群です!

一覧に戻る