•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

京都府 宮津沖での根魚のませ釣り

皆様こんにちは、アングラーズ守山店の大森でございます。
今回は京都府宮津市養老漁港より出船の「裕凪丸 」にて根魚の活き餌を用いたノマセ釣りを楽しんできました!

この釣りは根魚狙いという事だけあり、大型ガシラや大型アコウ、ヒラメ、ソイなどの様々なフィッシュイーターが狙える釣りで、高級魚を簡単に釣れると言うのが醍醐味!

乗船後、早速準備をしながらポイントに向かいます。
使用する仕掛けは根魚五目釣り用の仕掛けでハリスの太さは5~6号、根掛かりも頻発する為仕掛けも5枚以上は必要です。錘は60号指定ですが、起伏の激しい場所なので最低限5~6個準備しておきましょう。

最初のポイントは水深50M程でした。
船長の合図と共に仕掛けを落とし、底についたら根掛かりを防ぐ為に1M程底を切ってアタリを待ちます。

風も潮もそこまで強くなく、暫く底を取り直したりしていると同行者の近江八幡店スタッフ井水が大型ガシラをキャッチ!
その後枚方出屋敷店のスタッフ上口と堅田店スタッフ村田がアコウをキャッチ!

負けてられんと、起伏を感じながら軽く竿をあおった直後底付近で念願の初アタリ!

竿をぐいぐい曲げてくるのでアワセを入れて電動リールで巻き取りますが、感覚的にはずっしりとした手ごたえがあります。
上がってきた魚の正体はなんと良型のガシラ!

その後に40~60m付近のポイントに移動した直後に時合になり再びスタッフ村田と上口に良型ヒラメと大型アコウがHIT!それに続いて、スタッフ井水が良型アコウとガシラを連続ヒットさせ、私もそれに合わせる様にガシラ、アコウと連続ヒットし数を伸ばして行きました。

船長より最後の流しの合図がありポイントは当日で一番深い70m、、、最後に大物が釣りたく諦めず投入した所、一気に引き込むアタリがあり、慌ててアワセを入れ巻いてくると最後の最後に大型のアコウを私も手に入れる事が出来ました。

まだまだシーズンの初期、9月頃まで大型も十分に狙えます。
初心者の方から、老若男女問わず誰でも楽しみながら高級魚が釣れるのがこの釣りの一押しポイント!
是非一度行ってみて下さい、ハマりますよ!

使用タックル

ロッド:トルクリフターGⅢ200H、225H

コチラのロッドはカーボンソリッド仕様でアタリへの追従性抜群!

また不意の大物にも耐えれるソリッド特有の粘りとタメが効く、船での釣りにもってこいの一品です。

リール:シマノ600番、ダイワ200~300番の電動リール(電動だと掛けた後一気に根から引き離せます)

ライン:PE2~3号200~300mにリーダーはフロロ6~8号

起伏が激しく、根がかると一発ロストも考えられるので最低でも200mは巻くと安心です。

私は仕掛けにPE直結で切れませんでしたが、根ズレも考えてリーダーは必ず付けて下さいね!

オススメ仕掛け

仕掛け:ハリミツ 丹後半島 誘いヒラメ2本針、ヒラメアコウ 2本針 ハリス4~6号

ハヤブサ アコウ・キジハタ 根魚仕掛け 2本針 ハリス4~6号

2本針仕掛けは連掛け出来るチャンスが大いにあるのですが、当日同行者も手返し重視でオモリ側の針を残し、

上の針は切って使用しました。アピールは低くなるかもしれませんが、糸のヨレや絡まりを最小限に抑えられるため

私的にはアリでオススメ出来ます。勿論元から一本針仕様の仕掛けもありますので、持っていく場合はどちらも準備しておいて

状況に合う仕掛けを使うといいと思います!

 

一覧に戻る