•            
  • 会社概要
sp-menu
和歌山イカメタル

イカメタル専用のベイトロッドが望ましい。6f~7f前後で小型のカウンター付両軸リールが使い易く、

ラインはPE0.4号~0.6号程度、リーダー3号程度でまず

イカメタル用仕掛(枝2本や枝が15~20㎝のものも有効)

をセットし下側にイカメタルスッテ、

上にスッテやエギをセットする。

 

必要なアイテム

  • メタルスッテ

    イカメタル仕掛の下に付けるメタルスッテ。潮が遅い時、速い時の両方に対応するために各号数を多く揃える。

    カラーは赤白と赤緑を中心に揃えておく。

    重さは船指定の号数を必ず用意。

    和歌山は10~20号をメインに使う。

  • ドロッパー

    イカメタル仕掛の上側にセットする。ドロッパーはカラーを多く揃えておくとその日のアタリカラーに対応できる。

    定番カラーは赤緑、や夜光系のカラーは持っていた方が良い。

    光量の多いときは紫外線発光、光量の少ないとき(新月など)はグローメインにすると

    早い段階で当たりカラーに当たりやすい。

    和歌山は80mmや1,8号の小さめがオススメですよ!

     

  • イカメタルリーダー

    メタルスッテとドロッパーをすぐに付け替えることが出来るスナップ付きリーダー。

    上のスナップにドロッパー、下のスナップにメタルスッテを付ける。

     

     

     

  • ロッド

    イカメタル専用ロッドが必要。竿の長さは6f前後(L~ML)の柔らかいモデルが釣りやすい。

    専用ロッドの方がイカのアタリを感じ易く、アクションもさせ易い。

     

  • オモリグ仕掛け

    イカメタルメインでも船の揺れが大きい時などはアタリが取りにくくなります。そんなときはオモリグ仕掛けに変更してみましょう!枝が長いので船の揺れがエギに影響しにくくなりイカが乗りやすくなります!タックルはスピニングモデルが投げやすくてオススメですが最近はベイトオモリグも流行っているのでどちらでもOKです!