•            
  • 会社概要
sp-menu
オモリグ (シロイカ/鳥取)

オモリグとはスピニングタックルを主に使用し、幅広い周囲を探る事ができるイカメタルの釣法のひとつです。

鳥取や北陸エリアではメインとなっている釣法です。20号~50号のオモリを使用するこの釣法は、イカメタルとは違った誘い方・釣り方が可能になります。

オモリグ釣法は、潮流の上側へキャストし、集魚ライト(ハロゲン)の明暗周辺でイカを釣るイメージで釣りを行います。フォール中も誘いを入れ、アタリがあればあわせます。

また、大剣など大きいサイズのイカが釣れている際や、イカの活性が低い場合にも有効的な釣法となっております。

テンションフォール中はオモリでエギを引っ張る形で中層を探って行きます。

必要なアイテム

  • タックル

    オモリグ専用ロッドがおすすめです。

    おすすめロッド:スラッシュ【アーカードティップゲーム】【アーカードシェルフ】

    タイラバ・SLJなどのロッドなどでも代用できますが、使用感、感度、パワーなど専用ロッドに有利性があります。

    リールはやや大きめのサイズがオススメ。
    D社・S社 共に4000~SW5000番。

    メインラインはPE0.6号-200m/PE0.4号-200m
    メインリーダーはフロロ3号/4号

    遊漁船によって推奨されているライン、リーダーに合わせてください。

  • シンカー

    20号~50号までを準備する。潮の速さ状により使い分ける。

    船中でオモリの号数を統一させる為、5号刻みでそろえておくと良い。

    0.4号巻きの人は0.6号巻きの人より重めを使用することでおまつり対策になる。

  • 仕掛け

    オモリグ専用仕掛けがおすすめ。イカの活性に合わせて1本針・2本針を使い分けます。

    大剣が釣れている時・低活性時は1本針がおすすめ。

    リーダーに結ぶだけで、簡単にオモリグが楽しめ、時間短縮にもなるため釣果アップが図れます。

  • エギ

    2.5号~3.0号を主に使用する。
    赤/緑、赤/白系の実績が高いが、カラーは豊富に準備しておくことをお勧めします。

    明るいうちは、明るめのカラーやケイムラ、暗くなってからは、赤や黒、紫などのカラーがアタリやすい。