•            
  • 会社概要
sp-menu
エギング

エギングはエビの形をしたエギと呼ばれる疑似餌でイカを釣る釣りの事です。

竿はエギング用の物を使い、リールは2500~3000番の物がオススメです。

釣り方はエギを投げ底に着くまで待ち、着いたら2~5回ほど竿をしゃくります。そうするとエギは跳ね上がるのでまた底に着くまで待ち、しゃくる。近くまで戻ってきたら回収して投げ直して沈めるを繰り返します。

イカがヒットするとコツンと当たりが来たり、糸が持って行かれたり底についてないのに緩んたりするのでその際に合わせを入れます。合わせの強さはしゃくるより少し強めで、イカの足が切れない様にする事が重要です。

必要なアイテム

  • 竿

    エギング用の竿で、長さは8フィート前後の竿を使用します。

    硬さはML~Mがオススメです。竿全体に張りのある物が多く、しゃくった時に糸が絡みにくい様に設計されています。

    それぞれのメーカーにコンセプトがあり、特徴も違ったりしますので自分の好きな竿を見つけてみましょう。

    スタッフにお聞き頂ければ実際に曲げることも出来ますので是非お声がけ下さい。

  • リール

    2500番のスピニングリールを使います。

    PEラインであれば0.6号~0.8号を150~200m、ナイロンラインなら3号を150m巻けるリールを選びましょう。

    エギング用リールもございますので是非店頭でご覧になって下さい。

     

     

  • ライン

    PEラインであれば0.6号~0.8号を使用します。ナイロンラインは初めての方にオススメで、3号を使うと良いでょう。

    PEラインは150~200m程、ナイロンラインは150m巻くと良いです。

    PEラインの方が細く強度があるので使用する方が多いですが、ナイロンラインはある程度張らなくても感度があるという利点があります。PEラインは常に張らないといけないので、ナイロンラインの方が飛距離は落ちますが、比較的簡単に扱えます。

     

  • リーダー

    PEラインの先に結ぶ糸で1.75~2.5号の太さを使用します。長さは1m~1.5m程取りましょう。

    PEラインはほぼ伸縮性が無いので、そのまま使ってしまうとしゃくる時や合わせの際に切れてしまう事があります。

    リーダーはクッションの役割も担っていてPEが切れたりする事を防ぎ、根ずれにも強く伸縮性のあるフロロラインを使用する事が多いです。

  • スナップ

    スナップは付けるとエギやルアーの着脱が楽になるアイテムです。

    リーダーをそのままエギに結ぶことも出来ますが、交換したい時にわざわざ糸を切って結び直さないといけません。

    その点を便利にしてくれるグッズなので付けておく事をオススメします。

  • エギ

    春は3号~3.5号のエギ、秋は2.5号~3号のエギがオススメです。

    様々な種類があり、エビの形をしているものが多くプラスチックや木で出来ているものが殆どです。

    様々なメーカーから出ており、特徴もそれぞれですがまずは自分の好きなものを選んでみまょう。