ちょい投げ

ちょい投げとは本格的な投げ釣りに比べてすべてを簡単でお手軽にした仕掛けです。仕掛けの全長も1mぐらいと短いので子供や女性の方また初心者の方でもオススメです。

竿やリールも専門のものではなく例えば海釣り用の竿とリールがセットになっているような物やシーバスロッド・エギングロッドみたいなルアーロッドでも十分楽しめる釣り方です。

釣り方は波止・砂浜などで軽く投げて竿先を自分の前から横へゆっくりと底の変化を感じつつゆっくり引っ張って元の位置に戻す時に余分な糸をリールで巻き取るだけです。投げるのが苦手な方は波止の際に底まで落として上下してるだけでも釣れます。

アタリは引っ張ってる時にコンッコンッと反応がでたりグイッと引き込まれる感じで出るので少し強めに横に引っ張って上げると掛りやすくなりますよ。

エサは青虫・イソメと言われる生エサを使用します。ただ虫が苦手という方には人工的に作られたエサもあるのでオススメです。

必要なアイテム

  • ロッド

    ちょい投げは専用ロッドというものが無く、シーバス・エギング用のルアーロッドやウキ・サビキ釣り用の3.6~4.5mクラスの磯竿なども使用することが出来ますのでお持ちのロッドでほとんど対応出来ると思います。
    また女性や子供で長い竿が苦手という方は穴釣りなどに使う1.5~1.8mクラスの万能ロッドでも大丈夫です。

  • リール

    各メーカーの1500~2500番クラスの小型スピニングリールを使用します。ナイロンライン2~3号が100mぐらい巻いてあるリールをお持ちならそれでも十分対応可能です。またシーバス・エギングで使用されているPE仕様のリールを使用すれば同じ仕掛けでも飛距離が伸び、広範囲を攻めることが出来るのでオススメです。

  • ライン

    ラインはPE・ナイロン・フロロなど色々な種類の中でトラブルが少ないナイロンラインを使用するのがオススメです。2~3号クラスのナイロンラインを100mぐらい巻いておけば安心です。慣れてくると細くて強度があり、飛距離を伸ばすことが出来てアタリが取りやすくなるPEラインを使用してみることもオススメします。

  • ちょい投げシンカー

    ちょい投げ専用シンカーはオモリに浮く発砲体を組み合わせたシンカーで、海中でオモリ自体が立つため仕掛けとシンカーが絡みにくく、根掛かりを軽減することができ、感度も良くなるためアタリも取りやすくなります。バリエーションもあるので使い分けも出来ます。(ただ仕掛けが浮き上がりやすいので巻いて魚を誘う場合は少しゆっくりの方がよい。)

  • ちょい投げ仕掛け

    ちょい投げ仕掛けは、投げ釣り専用仕掛けが全長1.2~1.5メートルと長いのに対して55~75センチと短いため2~3mのルアーロッドや万能ロッドを使用することができます。女性子供でも仕掛けを簡単にセッティングすることができ、投げやすくて釣りやすいです。また仕掛けの種類も豊富なので狙うターゲットに合わせて選んでください。