『タコ』 キャスティングタコ

簡単に言うとエギングのタコ釣りバージョンです。
最近ではタコエギ専用ロッドも販売されており人気の釣りといえるでしょう。仕掛としてはシンプルで専用ロッドに中型リールとPEラインとタコエギを用意しましょう。タコビラがあると釣果アップします。釣り方としては遠投して底を引きずると言った感じですがたまにアクションを加えるなど工夫される方も居られます。

タコテンヤを使うバージョンではかなりしっかりした竿を準備しましょう。釣り方はタコエギ同様にキャストして底を引きずります。タコエギとタコテンヤのどちらも岸壁の際釣りにも使えますので好みに合わせて道具を揃えましょう。

必要なアイテム

  • 投げ竿

    20号前後の重さの仕掛けを投げ、遠くに飛ばした方が良いので投げ竿がオススメ。竿に負荷がかかるので投げ竿でも硬い竿が好ましい。

  • 大型スピニングリール

    PEライン2号~3号を100m以上巻けるもの。負荷がかかる釣りなのでパワーと剛性があるリールがオススメ!

  • PEライン

    飛距離を出すためやタコを掛けた時にラインが伸びにくいPEラインがオススメ!リーダーもつけて根ズレや結束力を補う。途中で切れてもいいようにラインは多めに巻いている方が良いです。

  • リーダー

    PEラインを直結すると結び目が弱くなる為強度を補ったり根ズレに弱いPEラインの代わりに使用するラインです。PEライン2号~3号であればフロロカーボンライン8号前後ぐらいがオススメ。

  • タコエギ

    キャスティング用のタコエギでキャストし底をしっかりとったらズル引きしてただ巻きする。たまに少しエギをシャクってアクションをつけると遠くのタコにもアピールできる。重みを感じたら合わせて寄せて来る。

  • タコテンヤ

    岸壁からキャスティングでタコを狙う仕掛けです。これにカニやアジ・イワシ・鶏肉や豚の背脂を乗せてエサ巻き糸を巻いてエサを固定する。これを浮かさないように底をズルズル引っ張って使用し重みを感じたらしっかり合わせて寄せてくるだけです。

  • タコビラ

    遠くのタコにもアピールさせるために使用する仕掛け。潮の抵抗を受けるとゆらゆらしそれがタコを魅了する。飛距離を重視する場合は小さ目。アピール重視する場合は大きめのタコビラを使用しましょう。

狙える魚