スルメイカ仕掛

防波堤からスルメイカを狙う仕掛です。釣期は、例年ですと4月末から6月末頃までです。午前中や半夜で狙うのが一般的です。
・竿は磯竿1.5号から2号の4・5Mから5・4Mくらい。
・道糸はナイロン3号・ウキは2号~3号(夜は電気ウキ)
・ケミホタルまたは水中ライトを付ける
・鈎はテーラーと言ってオモリのついたテンヤ(0号~3号)・串刺しタイプの専用針
・エサ キビナゴ

・釣り方 竿1本ぐらいから2本ぐらいまでの距離に仕掛けを軽く投げて2ヒロ~3ヒロぐらいまでのタナを探ります。コウイカも海底付近を狙えば同じ仕掛で釣れてくることも多いです。
ケミホタルは昼間でも付けた方が効果があります。アタリがあってもすぐに合わせず、完全にウキが水中に入ってから合わせるのがコツです。

必要なアイテム

  • 波止スルメイカ仕掛

    一般的に仕掛けはテーラー式と串刺し式に分類されます。テーラー式には適合ウキ表示が書いてありますのでそれでウキを選んでください。また2段式もありこちらは棚を探る時に使います。串刺し式はエサを付属の糸で縛って使用します。エサはキビナゴです。

  • ライン

    ナイロンラインを使用するのが、トラブルもなく一般的です。またカラーラインも視認性がよく、よく使われます。号数は2号から3号くらいが良いでしょう。

  • ワンタッチシモリペットセット

    ウキ止め周りを一発で装着することができるパーツです。誘導ウキ止めゴムの通し方でできます。大体パッケージの裏面に使い方の図が記載されています。

  • ウキ

    昼間は棒ウキや夜は電気ウキの2~3号ぐらいを使用します。喰いが渋く小さいアタリを取りたい場合は棒ウキの1号くらいを使用することもあります。

  • 水中ライト

    小型の水中ライトやケミホタルを使用するのが一般的です。水中ライトは小型でも2号ぐらいの重さがありますのでそれを考慮してウキを選びましょう。このライト類は昼間でも使用した方がよく釣れるようです。